アルシオン通信

Alcyon Blog

宿泊 タグへの投稿
2021年08月28日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年83本目】映画「ある人質 生還までの398日」観ました。

【解説・あらすじ】

シリアで過激派組織ISの人質となるも、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの体験に基づくドラマ。
およそ13か月にわたる過酷な拘束生活の実態と、彼の救出に奔走した家族の苦悩を描く。
『幸せな男、ペア』などのエスベン・スメド、『ワイルド・ストーム』などのトビー・ケベルらが出演。
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのニールス・アルデン・オプレヴと、
本作に出演している俳優アナス・W・ベアテルセンが共同で監督を務め、
『悪党に粛清を』などのアナス・トマス・イェンセンが脚本を担当する。

デンマーク人写真家のダニエル・リュー(エスベン・スメド)は、
戦時下の日常を世界に伝えるため内戦中のシリアを訪れるが、突如過激派組織ISに拘束されてしまう。
彼の拘束を知った家族は人質救出の専門家に協力を依頼するも、デンマーク政府はテロリストと交渉しない方針を取り、家族はISが要求する身代金の調達に苦慮する。
一方、人質として恐怖と不安に苛まれるダニエルやほかの人質のもとにアメリカ人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー(トビー・ケベル)が加わり、彼とダニエルは友情を育む。

【感想】
戦場は何も銃弾飛び合う場所だけでなく、巻きこまれた家族の苦境も戦場、しいては状況を作り出した世界情勢も戦場。
シリア情勢の映画を何本みたり、自分でいくつか文献を漁ったり、それこそニュースには注視してきたつもりですが、
人質になってしまうケース、ジャーナリストにとって運の要素が大きく。
かと言って状況が伝わらないのは現地の「声」を聴かないのと同義なので「行かなきゃいいじゃん」「国に迷惑かけんな」は暴論。
この映画ではこの大きな命題に、あえてドキュメンタリーではなく作劇することで挑み、そして成功していると感じました。

映画としての問題があるとしたら2つ。

一つは主人公の元運動選手としての素地をもっと回収しても良いこと。

もう一つはこの日本語タイトル。。。。
副題はいらない。ネタバレが過ぎる、、、。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月27日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【解説・あらすじ】

『今夜新宿で、彼女は、』などの山田佳奈が2013年に上演した舞台劇を、自身で監督を務めて映画化したヒューマンドラマ。
セックスワーカーとして生きる女性たちの姿を描く。
伊藤沙莉、恒松祐里、佐津川愛美のほか、片岡礼子、でんでん、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子らが出演する。

雑居ビルにあるデリヘルの事務所で、世話係としてデリヘル嬢たちから次々とぶつけられる不満や要望に対応するカノウ(伊藤沙莉)。
忙しく働きながらも彼女は、その場の空気を一変させる華やかさを持つ店一番の人気デリヘル嬢マヒル(恒松祐里)と自分を比べていた。
ある日、若くてモデルのようなスタイルの女性が入店してくる。
それを機に、デリヘル嬢の人気の序列が変わり、店内の人間関係やそれぞれが抱える人生の背景が大きく変わっていく。

【感想】
舞台版は未見です。
まずはキャラクターの作り込みやキャストの当て方に驚きました。
女優陣、それぞれ壊れていて、闇風味だったり殺伐風味だったりと、壊れ方も様々。
僕は映画におけるモノローグ、あまり好きじゃないのですが、
伊藤沙莉さんのモノと台詞のシームレスな感じ、嫌いじゃなかったです。
一方、設定上の「待合室」は本当にあんな感じなのだろうか?取材もされているとは思うのですが、
あんなに賑やかなの?。リアリティとフィクションのバランスには少し違和感を感じました。
また、ラストにかけての投入されるキャストの使い方はやや記号的?
前半のキャラクターと同じくらいの熱量の演出が欲しかったです。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月25日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年81本目】映画「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~ 」観ました。

【解説・あらすじ】

バイプレイヤーたちが実名で出演するドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズの劇場版。
富士山の麓にある撮影所でドラマ撮影に励む俳優らが、思わぬ事件に遭遇する。
監督を務める松居大悟を筆頭に、メインキャストの田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一ら、ドラマ版シリーズのメンバーが結集。
映画版オリジナルキャストとして、木村多江、北村一輝、有村架純のほか菜々緒、天海祐希、役所広司らが出演する。

数多くの映画や民放各局の連ドラが制作されている撮影所、「バイプレウッド」。
そこで田口トモロヲ(田口トモロヲ)、松重豊(松重豊)、光石研(光石研)、遠藤憲一(遠藤憲一)らは、有村架純(有村架純)主演のネット連ドラの撮影に参加する。
しかし、有村が共演する犬の風の姿が見えなくなったことから現場は不穏な空気に包まれる。
やがて、自主制作する映画のトラブルに悩む濱田岳(濱田岳)やバイプレウッド買収阻止を図る天海祐希(天海祐希)らが巻き起こす騒動も絡み、事態は思わぬ方向に向かう。

【感想】
本当に100人出てる!
まさに名優(盟友)ばかり、普通に集めればすさまじいギャランティーだったのだと思うのですが、、、。
ドラマ編を全く観ていなかったのでお話の繋がりだったり、アップスケールだったりはさっぱりわかりませんでしたが、
あくまでもバランス良く100人出演させるための脚本であり演出、シンプルな設計、これには好感が持てました。
一方、伏線の回収だったり小道具の使い方は少し雑。
監督も破綻をギリギリで回避しながら最後の1シークエンスに賭けた感があり、まさに劇中劇をなぞったかのような現場だったのかなと想像させられました。
あえてネタバレ無しとしますが、監督の賭け、俳優陣の友情の結晶を観るためだけでも鑑賞の価値アリと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月23日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年80本目】映画「300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」観ました。

【解説・あらすじ】

フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化したヒットアクション『300 <スリーハンドレッド>』の続編。
前作で命を散らしたスパルタのレオニダス王に代わってペルシャ軍に挑む、アテナイのテミストクレス将軍と彼が率いる兵士たちの激闘を活写する。
メガホンを取るのは、『賢く生きる恋のレシピ』のノーム・ムーロ。
サリヴァン・ステイプルトン、エヴァ・グリーンらが出演。
壮絶な肉弾戦はもちろん、戦う男たちの絆をめぐるドラマにも注目。

100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタのレオニダス王。
彼の遺志を継ぐようにしてアテナイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は、パン屋、陶工、詩人といった一般市民から成るギリシャ連合軍を率いてペルシャ帝国に立ち向かっていく。
ペルシャ帝国の海軍指揮官アルテミシア(エヴァ・グリーン)らと拮抗する中、ついに大海原を舞台にした最終決戦を迎えることに。

【感想】
ううううううううんんんん、、、、、、、、。。。。
こういう感じの歴史大作、過激な暴力を含む15禁な合戦物も嫌いじゃないはずで、
大好きなエヴァ・グリーン様が出演されておられるのにも関わらず、
なんだかぼんやりと鑑賞してしまいました、、。
各役者陣の屈強な身体設計や役作り、演技は素晴らしく、前作のやや暗い色調を踏襲した画作りもよく、ストーリーは壮大。
なのですが、
役者陣は皆同じように見え、画作りは既視感だらけで、ストーリーは教科書で知っている、とも言い換えられ、、。
兎にも角にも
時系列表現をもっと整理して、冗談みたいに長いモノローグも整理して、もっとエヴァ様を活躍させてほしかった!!

【評価点・つけるとしたら】
☆3.4です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月20日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年79本目】映画「世界で一番しあわせな食堂」観ました。

【解説・あらすじ】

ミカ・カウリスマキ監督が、異なる国や文化を持つ者同士が料理を通して打ち解け合う姿を描くヒューマンドラマ。
中国から恩人を捜しにフィンランドの田舎町にやってきた料理人が、料理を振る舞い、食堂を経営する女性や常連客と親しくなっていく。
出演は、アンナ=マイヤ・トゥオッコ、カリ・ヴァーナネンなど。

フィンランド北部の田舎に中国・上海からやってきた料理人のチェンとその息子。
彼らは恩人を捜してフィンランドまで来たのだった。
しかし恩人を知る者はなく、食堂を営むシルカはチェンがそこで働くことと引き換えに恩人探しに協力することを約束。
人々は見慣れない料理に戸惑うが、口にしてみるとそのおいしさを認め、食堂は評判に。
常連客とも仲良くなっていくチェンだったが、帰国の日が刻一刻と迫ってくる。

【感想】
ひたすらに美しいフィンランドの情景に、人々の心が溶け込んでいく。
まさに滋味深いスープを飲んだ、食べた後のようなしみじみした作品でした。

ストーリー的にはまあ、そのまんま。
意表を突くようなことも大きな事件も起きず、普通の日々がやってきて、そして過ぎてゆくだけ。
無理にしあわせを定義つけようとせず、無理に不幸を嘆こうともせず、
ちょっと凸凹なぐらいの道を自転車ぐらいのスピードで進んでいく。
情景の捉え方、自然と心象の重ね方なんかもさり気なく。
ああ、丁度いいというのはこういうことなのだなと感じさせてくれる映画でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年78本目】映画「竜とそばかすの姫」観ました。

【解説・あらすじ】

『おおかみこどもの雨と雪』などの細田守が監督を務めたアニメーション。
“もうひとつの現実”と呼ばれる巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に、
心に傷を抱え自分を見失った17歳の女子高生が、未知の存在との遭遇を通して成長していく。
企画・制作は、細田監督らが設立したアニメーション制作会社・スタジオ地図が担当する。

高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずは周囲に心を閉ざし、一人で曲を作ることだけが心のよりどころとなっていた。
ある日、彼女は全世界で50億人以上が集うインターネット空間の仮想世界「U」と出会い、ベルというアバターで参加する。
幼いころに母を亡くして以来、すずは歌うことができなくなっていたが、Uでは自然に歌うことができた。
Uで自作の歌を披露し注目を浴びるベルの前に、ある時竜の姿をした謎の存在が現れる。

【感想】
「誰目線」で観るかによって評価の分かれる、細田監督の意欲作。

ストーリーは目を覆うようなきつい描写にも臆せず踏み込んでいて、
またきっちり主人公の成長譚に紡ぐあたりは流石の手練。
細かなサブストーリーの散りばめ方、バランスも絶妙。

そして何より音楽!
圧倒的な歌唱、劇場のスピーカーのスペックを十二分に引き出すサウンドは圧巻。
声優陣の構成に不安を感じていたのですが完全に吹き飛ばしています。

ちょっとあれぇ、、と感じたのは後半の展開とディズニーオマージュのしつこさ。
解決へと向かうテクノロジーとアナログのバランスの崩れ、
友人関係の台詞回しの既視感と薄さ、
仮想空間「U 」内での暴走する正義の話やディズニー風お城ヴィジュアルとかは少し過剰。。。

さて、誰目線問題です。
僕は圧倒的に「父親」の立場で物語に没入。
すると不思議なことに、設定やストーリーのアラが目に入ってこず。
じわじわと涙が溢れました。

喪失感と再生の物語は数多く、類型的ですが、「この目線」を作為的に入れてきたのは白眉。
細田監督、怖いな、、、。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月16日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年77本目】映画「鵞鳥湖の夜」観ました。

【解説・あらすじ】

『薄氷の殺人』のディアオ・イーナン監督がメガホンを取ったフィルムノワール。
中国の裏社会でもがきながら生きる人々の物語を描く。
フー・ゴーが主人公を演じ、グイ・ルンメイとリャオ・ファンのほか、レジーナ・ワンらが出演する。

2012年、中国南部の鵞鳥湖周辺エリアは再開発から取り残され、ギャングたちの抗争が激しくなっていた。
刑期を終えてバイク窃盗団に戻ったチョウ(フー・ゴー)は、敵対関係にある猫目・猫耳兄弟たちとの争いに巻き込まれた揚げ句、警察官を殺してしまう。
指名手配犯となった彼は、自分に懸けられた懸賞金30万元を妻と小さな息子に残そうと策を練る。

【感想】
新しくて懐かしい、全編オフビートな展開のクライム・サスペンス。
ストーリーは既視感も有り、さして目新しさは感じない、懐かしい感じ。
一方、演出は控えめに言っても斬新。
時系列をグチャっとさせながら、ムッとするような湿気を感じる都市を遠景に、
俳優の存在感を生々しく且つふわふわと浮遊させつつ、スパッとしたアクションを魅せてくる。
鋭い刃先の上を歩くような微妙で繊細な表現は、正直に行ってゾゾッと恐怖を感じました。
女優二人のなんとも言えない幸薄そうな存在感も新鮮。
今後も追いたい監督だと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月11日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年75本目】映画「プラットフォーム」観ました。

【解説・あらすじ】

スペインの監督、ガルデル・ガステル=ウルティアの長編初作品となるSF。
中央に穴が空いた不気味な部屋で目覚めた男が、そこからの脱出に挑む。
『ミリオネア・ドッグ』やドラマ「わが家へようこそ」などのイバン・マサゲ、
『オール・アバウト・マイ・マザー』『靴に恋して』などのアントニア・サン・フアンらが出演する。
シッチェス・ カタロニア国際映画祭のオフィシャル・ファンタスティック・コンペティション部門で最優秀作品賞などを受賞した。

中央に四角い穴の空いた謎の部屋で目を覚ましたゴレン。
そこは塔の「48階層」であり、上下には無数の階層が続いていた。
ゴレンは、同じ階層に暮らす老人トリマカシからここでのルールを聞かされる。
それは、階層は1か月ごとに入れ変わること、食事が取れるのはプラットフォームと呼ばれる台座で上の階層から順番に降りてくる残飯が自分の階層にある間だけというものだった。
1か月後、ゴレンは「171」階層のベッドに縛り付けられた状態で目を覚ます。

【感想】
極めて哲学的で、恐ろしく政治的で、剥き出しの倫理観が問われる、正真正銘の問題作でした。
まずストーリー。
ワンシチュエーションのスリラー?サスペンスですので、まず間持ちするかどうかが大問題なのですが、
終始一貫、スピードの強弱、ゴア描写も含めながらリズムよく展開していきます。
「連綿と続く階層社会」、とりわけ「強欲」を「正義と友愛」は解決できるのかを強烈な描写で残酷に描いていく、
そのまさにプラットフォームにはキリスト教的な大罪感があり、要所要所の引用が異様にスパイシー。
端的に言えばとても興味深い作品だったのですが、作風が独特なので上手く乗れない、
そもそもキリスト教を始めとする宗教と倫理の関係が興味がない方には、ただただ灰色の絵面が続くだけかもしれましせん。。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年74本目】映画「ガンズ・アキンボ」観ました。

【解説・あらすじ】

ダニエル・ラドクリフ主演のアクション。
闇サイトを運営する組織の怒りを買ったプログラマーが、両手に拳銃を固定された状態で殺し屋との戦いを強いられる。
監督は『デビルズ・メタル』などのジェイソン・レイ・ハウデン。
サマラ・ウィーヴィング、ネッド・デネヒーらが共演する。

街で人々に殺し合いをさせ、その様子を視聴する闇サイト「スキズム」。
そこへ攻撃的なコメントを書き込んでは仕事の憂さを晴らしていたゲーム会社プログラマーのマイルズ(ダニエル・ラドクリフ)は、
彼の度を超えた荒らしぶりからサイトを管理する裏組織を率いるリクターを激怒させてしまう。
リクターはマイルズの住所を特定して麻酔で眠らせ、両手にボルトで拳銃を固定した上に元恋人を拉致。
目覚めて驚がくするマイルズにリクターは、スキズムで最強の殺し屋とされるニックスに勝利すれば元恋人を解放すると告げる。

【感想】
ストーリー?なにそれ美味しいの??!!!と言わんばかりに、アクションに振り抜けた作品。
荒唐無稽、伏線もなく回収されたり、謎展開も多いけれど、そんなの気にしていられないほどの火薬量、、、。
(それでもなんとなーくバディ感もあったりして?際どく方程式を崩しきっていないようにも見えます。)
僕はゲームをやらないのですが、きっとアクションゲーム好きの人にはたまらないスピード感なのだと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年08月07日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年73本目】映画「チャンシルさんには福が多いね」観ました。

【解説・あらすじ】

ホン・サンス監督が手掛けた作品でプロデューサーを務めてきたキム・チョヒがメガホンを取ったコメディー。
キム・チョヒ監督自身の体験を基に、人生をささげてきた仕事を失い、恋人も子供も家も持たないアラフォー女性に訪れる恋を描く。
主演はカン・マルグムが務め、『バッカス・レディ』などのユン・ヨジョンやドラマ「愛の不時着」などのキム・ヨンミンなどが共演する。

映画プロデューサーとして働くアラフォーのチャンシルさん(カン・マルグム)は、長らく支えてきた映画監督の急死により仕事を失ってしまう。
映画だけに全てを注力してきた彼女は、気づくと恋人も子供も家も持っていなかった。
どうしようもない状況に追い込まれた彼女に、ある日、恋の予感が訪れる。

【感想】
「幸福論」はまさしくジャンルムービー。
まあ、だいたい予想通りの展開、予想通りの結論になるのをわかった上で、
「レシピを楽しむ」、嗜むようなものだと思っていたのですが、、、。
まだそんな展開があったのか!と唸る脚本でした。
繊細に、丁寧に、欠落感、自分だけではつかめない幸せの輪郭を表現。
キャストの数を絞り、セリフの量を削いで巧みに紡いでいく物語はまさに「ほのぼの」!
ラストにかけての展開、一つの結論も非常に納得。
涙が止まらない!とかそういうたぐいの映画ではないですが、このリズム、嫌いじゃないなぁ。。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ