ご予約
アルシオン通信
HOME > アルシオン通信TOP
2018年10月21日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」観ました。

解説・あらすじ:
マクドナルド・コーポレーションの創業者、レイ・クロックの伝記ドラマ。
1軒のレストランを世界最大規模のファストフード・チェーンにした彼の辣腕ぶりや苦悩を描く。
監督は『ウォルト・ディズニーの約束』などのジョン・リー・ハンコック。
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートン、『ロング・トレイル!』などのニック・オファーマン、
『わたしに会うまでの1600キロ』などのローラ・ダーンらが出演。
レイの並外れた経営術に注目。

1954年、アメリカ。
シェイクミキサーのセールスマンである52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、
8台もミキサーをオーダーしてきたマクドナルドというドライブインレストランに興味を覚え訪ねてみる。
そこでレイは、経営者のディックとマック兄弟による、高品質、コスト削減、
合理性、スピード性などを徹底させたビジネスコンセプトに感銘を受ける。

契約を交わしてチェーン化を進めるが、ひたすら利益を求めるレイと兄弟の仲は険悪になっていく。

感想:
【2018年82本目です】
今は昔、受験生時代、マクドナルド発祥の物語を英語の長文読解の授業で読んだことがあり、
あらすじ的なことはなんとなく知っていたのですが、、、。
いかんせん当時の学力では理解の及ばないところが多々あり、やっと物語が理解できた、腑に落ちた感じです。
マクドナルド兄弟と、refounder、再創始者というべきであろうレイとのビジネスモデルの違い、
資本主義の持つ残酷さには本当に夢も希望もないなと感じました。
同時にレイが「マクドナルド」という名前にこだわった理由や、シェイクを巡る最後のオチには
これもまた資本主義の盲点を感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!
マイケル・キートンの冷え冷えした演技に釘付けです!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月20日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「春の夢」観ました。

解説・あらすじ:
『キムチを売る女』のチャン・リュルが、韓国の若者たちを描くヒューマンドラマ。
問題を抱える男女が育む絆を見つめる。
『ハナ 奇跡の46日間』などのハン・イェリ、『息もできない』などのヤン・イクチュン、
『許されざるもの』などのユン・ジョンビン、『ムサン日記~白い犬』などのパク・ジョンボムらが顔をそろえている。
撮影を『嘆きのピエタ』などのチョ・ヨンジク、音楽を『秘蜜』などのペク・ヒョンジンが担当。

勤め先の工場から給料を払ってもらえないままリストラされてしまったジョンボム、稼ぎもなく街をうろついてばかりいるチンピラのイクチュン、
裕福だがどこか頼りないジョンビン。
彼らはイェリの飲み屋に入り浸っているが、彼女も寝たきり状態の父親を看病しながら懸命に働いていた。

彼女の店を心のよりどころにしていたジョンボムたちだったが、そこへ一人の男が現れる。

感想:
【2018年81本目です】
本当に夢の中にいるような、どこか現実離れした、ふわふわした感覚の映画でした。
たまたま流れ着いた場所であっても、周りの人に優しくし、また優しくされることで、かけがいのない関係性を紡いでゆく。
韓国映画では本当に珍しい、のんびりとしたペースの展開が出色の作品で、男子校のりの「ぼんくら三銃士」の恋模様を語るあたりは、
ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」のようなオフビート感もあったかなと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5です。のんびりしたお話なので好き嫌いは分かれそうです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月19日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ダンガル きっと、強くなる」観ました。

解説・あらすじ:
『きっと、うまくいく』『PK ピーケイ』などのアーミル・カーンを主演に迎えた、実話を基にした感動作。
オリンピック出場を諦めた男が、娘たちをレスリングの世界で羽ばたかせようとする。
メガホンを取るのは、脚本家としても活動しているニテーシュ・ティワーリ。
共演は、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガルら。

レスリング選手のマハヴィル(アーミル・カーン)は、生きていくためにオリンピックへの道を断念し、道場で若手の育成に励んでいた。
彼は息子を金メダリストにすることを夢見るが、生まれた4人の子供たちは全員女の子だった。
ある日、長女と次女がけんかで男の子に勝ったことを知ったマハヴィルは、その素質に気づき、二人をレスラーとして鍛えようとする。

感想:
【2018年80本目です】
ボリウッドらしからぬ、ダンスなしの映画でした。
ぼくはこのアーミル・カーンという役者さんが大好きで、それだけで評価が上がってしまうのですが、
今回もまさに面目躍如、魂震える名演技だったと思います!
お話の内容も素晴らしい!
実話をわかりやすくした脚色はもちろん、シリアスな社会的メッセージ、親子の深い関係性のバランスがとても良く掘り下げられています。
実話だから結末はわかっているのですが、白熱した試合シーンのカタルシスが最高で思わず涙が出ました。
「抑圧されたインド女性」というモチーフは色を変えればいずれの社会にもある大きなテーマに切り込んだ監督の勇気もお見事。
観れば必ず胸熱必至だと思います!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.4です!観る映画に迷ったら、「迷わず」この一本を!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月16日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ゲティ家の身代金」観ました。

解説・あらすじ:
1973年に起きた大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を、リドリー・スコット監督が映画化したクライムサスペンス。
巨額の身代金を要求されたゲティが支払いを拒否したことで知られる事件の顛末を描く。
ミシェル・ウィリアムズ、マーク・ウォールバーグらが出演し、
完成間近にスキャンダルで降板したケヴィン・スペイシーに代わってオスカー俳優クリストファー・プラマーがゲティを演じる。

1973年、大富豪ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は孫のポール(チャーリー・プラマー)を誘拐され1,700万ドルという高額の身代金を要求されるが、
守銭奴でもあったゲティは支払いを拒否する。
離婚して一族から離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯、ゲティの双方と闘う。
一方、犯人は身代金が支払われる気配がないことに苛立ち始め、次第にポールの身に危険が迫っていく。

感想:
【2018年79本目です】
御年80歳のリドリー・スコット監督の最新作。
「エイリアン」のような生温かい血に匂いのするものから、「プロバンスの贈り物」といった人生物語まで
幅ひろく撮られる監督さんですが、創作意欲はまだまだ健在、今回はズバリ「金」の話でした。
とにかくゲティの守銭奴ぶりには圧倒されます。
カワイイはず?の孫の身代金ですら値切りに値切った挙げ句、実の息子に貸し付けて
金利で稼ごうとする強欲ぶり、その錬金哲学には正直あっけにとられました。
「王」ならではの孤独みたいなものにもスポットは当たるのですが、ここまで同情心がわかないのも稀なキャラクターでした。
なんせ実話ベースなので、「その後」を調べても興味深いことばかりなんですが、
同時になぜ誘拐犯はゲティの孫なんて狙ったんだろう、性格を考えれば無理ゲーなミッションじゃないの?
その浅はかさにも興味は尽きない作品だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月14日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「友罪」観ました。

解説・あらすじ:
「天使のナイフ」「Aではない君と」などで知られる作家・薬丸岳のミステリー小説を、『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久監督が映画化。
凶悪事件を起こした元少年犯と思われる男と、その過去に疑念を抱く同僚の友情と葛藤を描く。
『人間失格』などの生田斗真と、生田とは『土竜の唄 香港狂騒曲』などで共演し瀬々監督とは『64-ロクヨン-』で組んだ瑛太が2人の男を体現する。

ジャーナリストを目指していたが挫折し、生活のため町工場で働くことになった益田(生田斗真)は、同時期に働き始めた鈴木(瑛太)という男と出会う。
鈴木は周囲と交流せず、過去を語ろうとしなかったが、同い年の二人は次第に打ち解け友情を育んでいく。
しかしあるきっかけから、益田は鈴木が17年前に世間を騒然とさせた連続児童殺傷事件の犯人ではないかと考え、真相を追い始める。

感想:
【2018年78本目です】
賛否両論がまさしく「両極端に」分かれそうな映画でした。
テーマが実際の事件をモチーフにしていると感じるので、嫌悪感を感じる人がいるのも当然です。

一方、いじめを見過ごし友人を自殺させてしまった、交通事故、AV出演、子育ての後悔、
など取り消せない過去とどう対峙していくのか、その葛藤には、深く考えさせられるものが有りました。

ちょっと残念なのは瑛太さんの演技があまりに突き抜けていて、他の役者さんたちが色褪せて見えたこと。
あの佐藤浩市ですら薄味に感じました、、。
(ただし、終盤、草原での心理描写は監督の技量を感じる素晴らしいシーンだったと思います。)

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。重いテーマなので元気な日に観るのが良いです、、。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月13日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「君の名前で僕を呼んで」観ました。

解説・あらすじ:
北イタリアの避暑地を舞台に、男性同士のひと夏のエピソードを描いたラブストーリー。
アンドレ・アシマンの小説を基に、17歳の少年が大学教授の父親に招かれた大学院生と出会い、惹かれ合うさまをつづる。
監督は『ミラノ、愛に生きる』『胸騒ぎのシチリア』などのルカ・グァダニーノ。
『ジャコメッティ 最後の肖像』などのアーミー・ハマー、『インターステラー』などのティモシー・シャラメが演じる。

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招待した年上の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。
一緒に自転車で散策したり泳いだり、読書したり音楽を聴いたりするうちに、エリオはオリヴァーに恋心を抱く。
やがてその思いは通じるが、夏の終わりが近づくにつれてオリヴァーが避暑地を去る日が近くなり、、、。

感想:
【2018年77本目です】
美しすぎる北イタリアの風景。
風柔らかく、夏の日差しもまた美しく。
川のせせらぎ、熟した果物の香り、ピアノの調べが若すぎる二人を甘美な世界へいざなっていく様子は本当にビューティフル!でした。
そして夏が過ぎゆく頃、ストーリーはぐっとジュブナイル感を増し、とてもデリケートな展開に。
ラストシーン近くの父親のセリフ、思春期の子を持つ親の在り方として、ぐっと心に迫るものが有りました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!
ゆったりとした展開が前半続くので、退屈に感じる人もいるかも知れませんが、
素晴らしい映画だったと思います。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「フロリダプロジェクト」観ました。

解説・あらすじ:
全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』などのショーン・ベイカーが監督・脚本を務めた人間ドラマ。
フロリダで貧しい生活をしている母娘と二人を取り巻く人々の日常を、6歳の少女の視点から描く。
主人公を子役のブルックリン・キンバリー・プリンスが演じ、母親役にベイカー監督がインスタグラムで発掘したブリア・ヴィネイトを抜てき。
モーテルの管理人を演じたウィレム・デフォーは、第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。

家を失った6歳の少女ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)と母親ヘイリー(ブリア・ヴィネイト)は、
フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの近くにあるモーテル「マジック・キャッスル」で生活している。
周囲の大人たちが日々の暮らしに苦しむ一方、ムーニーは子供たちと無邪気に遊び、管理人のボビー(ウィレム・デフォー)は彼らを見守っていた。
ところがある出来事を機に、ムーニーの日常は一変してしまう。

感想:
【2018年76本目です】
パステルカラーの建物や抜けるほど青い青空。
フロリダ、ディズニワールドという世界最大のリゾートの街。
笑い声の絶えない富裕層。
一方、リーマンショックから立ち直れず廃墟とかした家並や、周辺の安モーテルで暮らす先の見えない窒息感が充満する貧困層の人たち。
アメリカを象徴する光景を、二律背反的に対比させず、無邪気な子供の視点で切り取ってみせた監督の演出力にまず拍手!
時折見せる俯瞰からの情景や、子どもたちを見守る大人目線(特にウィレム・デフォー)のバランスもお見事。
ラストシーン、駆け出す子どもたちの先、きっと生涯忘れられない光景がありました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。とても良い映画を見たなぁ、と感じました。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月08日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「デッドプール2」観ました。

解説・あらすじ:
マーベルコミックスのヒーローの中でもユーモラスなキャラクター・デッドプールに、ライアン・レイノルズがふんしたアクションの第2弾。
“マシーン人間”からある少年を守るために立ち上がったデッドプールがチームを結成し、ド派手なバトルを展開する。
監督は『アトミック・ブロンド』などのデヴィッド・リーチ。
敵を『アベンジャーズ』シリーズにも出演しているジョシュ・ブローリンが演じるほか、モリーナ・バッカリン、T・J・ミラー、忽那汐里らが出演する。

のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来た“マシーン人間”のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。
大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)のためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、
ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「Xフォース」を作る。

感想:
【2018年75本目です】
一作目は正直、過激さとグロさにゲンナリしたところも多かったんですが、
今作はより過激になっているのにもかかわらず、最初から最後まで楽しく観ることができました。
特に冒頭の「ボヤキ」から本編、エンドロールまでを貫く映画ネタをふんだんにまぶした縦横無尽の暴走しゃべくり!
また、それ結構タブーですよね、、、ってところに突っ込んでいく無謀な脚本(>褒めてます)もスピード感がありまくり。
とてもサービス精神の旺盛な意欲作だったと思います!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!忽那汐里が出てた!びっくりです(^o^)

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年10月03日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【伊豆の四季・自然】「知られざる絶景」伊豆・細野高原で風の谷?気分の休日♪

すっかり秋も深まり、随分と涼しくなってきましたね。
最近は夜ジョギングに出かけると、ドコからともなく金木犀の薫り。

金木犀
金木犀の花言葉は「初恋」だそうです(^o^)

ヘッドフォンをしていても鈴虫の音が聴こえてきます。
お散歩もジョギングも本当に気持ちのよい季節です♪

さてさて、秋、10月の伊豆半島といえば、外せないのが「伊豆稲取・細野高原のすすき」です。

東京ドーム26個分、約125ヘクタールの広さ。
箱根の仙石原が18ヘクタールですので、規模は圧倒的、圧巻です。

細野高原

さらに見晴らしの良い所(三筋山)まで送迎があり、海とのコラボレーションは
キャッチフレーズ通り「知られざる絶景」です。

細野高原4

僕とマダムは昨年、見晴台まで送迎ワゴンで行き、ゆっくり歩いて降りてきましたが、
金色に輝くすすきの波穂はまるであの映画のよう・・・。

細野高原5

特に細野高原のてっぺん、
三筋山山頂から眺める景色は伊豆諸島や百名山の天城山など、ちょっと言葉で説明のできない美しさです。

伊豆高原からは車で約40分。

伊豆急行稲取駅からシャトルバスも出ています。

【シャトルバス時刻表&入山料のご案内】

http://www.e-izu.org/site_susuki/access.html
お問い合わせ先
東伊豆町観光協会:0557-95-0700

めったに見れない光景です。
日本でナウシカ気分を味わえるのは多分ここだけ^^;

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

2018年10月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観光施設】伊豆シャボテン動物公園に行ってきました(^o^)!

伊豆高原のシンボル、大室山の麓にある動物・植物園でご存知カピパラの入浴など、見どころたくさんのスポットです。

特に動物の餌付けが充実していて楽しいです!

まずは定番のカピパラさんの餌付け(^o^)

そしてかわゆさ爆発、フェネックさん!

ハリネズミさんもこの近さで見れます!!
20180919 シャボテン公園 (31)

当日は大室山もきれいでした♪
20180919 シャボテン公園 (71)

インスタ映えするかわゆい動物たちがいっぱいでした♪

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。