アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年09月09日

【観た/2022年50本目】映画「ライダーズ・オブ・ジャスティス」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年50本目】映画「ライダーズ・オブ・ジャスティス」観ました。

【解説・あらすじ】
アフガニスタンで任務に就いていた軍人・マークスは、妻が列車事故で亡くなったという報せを受けて急遽帰国する。
娘と共に悲しみに暮れる彼の前に現れた数学者のオットーらは、
事故は犯罪組織“ライダーズ・オブ・ジャスティス”が殺人事件の重要な証人をほうむるために起こしたものだと告げる。
怒りに燃えたマークスは、オットーたちの協力を得ながら復讐を誓うが、事態は予想していなかった方向に進む。

マッツ・ミケルセン主演によるアクション。
妻が犯罪組織による暗殺に巻き込まれて命を落としたことを知った軍人が、数学者らの協力を得て復讐に挑む。
メガホンを取るのはアナス・トマス・イェンセン。
ニコライ・リー・コス、ラーシュ・ブリグマン、ニコラス・ブロのほか、
アンドレア・ヘイク・ゲーゼベウ、グスタフ・リンドらが出演する。

【感想】
それにつけてもマッツ・ミケルセンのイケメン戦闘力の凄まじさ!!!!

まず脚本、構成について。
思わぬ事故からの喪失。
父親と思春期の娘の難しい距離感。
軍務に明け暮れ、任務に忠実だったが故の実社会との距離感。
これらの三要素を
距離感のある者同士が意外に共通点を見つけ連帯してしまうという、
英語は苦手な人同士のほうがよく通じるみたいな「あの現象」をうまく利用し、
物語を推進、狂気性を深掘り。
どの要素もバランスよく配置されていて上手い!と感じました。

そして演出だったり配役だったり。
主演マッツ・ミケルセンの「無骨な軍人らしさ」を一発で観客に理解させる演技力はさすが!
特にアクションよりも台詞回しで表現していく力量は、もう一回、やっぱりさすが!
娘、その恋人といった若いキャストの演技もやたらと安定感あり。
アクションはどこかで見たことあるようなのばっかりですが会話劇としてのサスペンス量は多めでした。

難癖つけるとすれば、、

・脚本の性質が思ったよりヘヴィーなのでコメディっぽいシーンがかなり浮いて感じる。
・よくできた本、上手い演出ではあるが、入り口の伏線が見え見えでそれほど意外性はない。
・数学者3人組のキャラ付がありきたり。既視感が半端ない。

の3点でしょうか。。。

いずれにしても、
デンマークの至宝、マッツの演技力を堪能できるのはやはり贅沢な時間の使い方と言えるし、
スピード感のある、骨格のしっかりした北欧映画のスタンダードであることもまた確か。
マッツの「アナザーラウンド」なんかも合わせてみるとより味わい深いと思いました。

【価点・つけるとしたら】
☆3.9です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン


by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2022年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ