アルシオン通信

Alcyon Blog

2019年04月17日

【観た/2019年35本目】映画「止められるか、俺たちを」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年35本目】映画「止められるか、俺たちを」観ました。

解説・あらすじ:
2012年10月に急逝した映画監督・若松孝二の伝記ドラマ。
1960年代末を舞台に、彼のプロダクションに飛び込んだ女性の視点から、映画に全てをささげる若松孝二と仲間たちの青春を浮き上がらせる。
メガホンを取るのは、若松プロダクション出身で『孤狼の血』などの白石和彌。
『愛の渦』などの門脇麦、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』などの井浦新、
『ラバーズ ~覆う女~』などの山本浩司をはじめ、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉らが顔をそろえる。

1969年、何者かになりたいと強く願っていた吉積めぐみ(門脇麦)は、
映画監督の若松孝二(井浦新)に師事しようと、原宿セントラルアパートにある若松プロダクションの門をたたく。
彼女は、磯貝一(柴田鷹雄)、沖島勲(岡部尚)、秋山道男(タモト清嵐)、伊東英男(西本竜樹)、足立正生(山本浩司)、
小水一男(毎熊克哉)らと一緒に映画制作に没頭する。

感想:
「生と性と革命」。
伝説の監督、若松孝二を中心とした当時の若松プロに関わる人々の群像伝記ドラマでした。
生前の作品は2作ぐらいしか観ていない、
もちろんピンク時代のは物自体がないので伝聞でしか知らないのですが、
一つのことに賭け、生きる力の炎を燃やす熱量の凄さは感じることができました。
ただ、あの時代、政治が、若者が怒りに燃え滾った風景をあまりにもばっさりカットしていて、
後年の政治色の強い作風に移り及んでいく監督の心象が撮れていないのは残念、、。
青春映画として観るべき作品だったのかもしれません。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.3です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ