アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年05月31日

【観た/2021年61本目】映画「くれなずめ」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年61本目】映画「くれなずめ」観ました。

【解説・あらすじ】

劇団「ゴジゲン」を主宰し『バイプレイヤーズ』シリーズなどで知られる松居大悟監督が、実体験を基に執筆したオリジナル舞台劇を自ら映画化。
友人の結婚式で余興を披露すべく集まった高校時代の旧友たちが、披露宴終了から2次会が始まるまでの時間を過ごす中で起きる出来事を描く。
成田凌が主演を務め、高良健吾、若葉竜也のほか、浜野謙太、藤原季節、舞台版から続投する目次立樹らが出演。

高校時代に帰宅部だった6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興をするため5年ぶりに再会。
久々に出会ったアラサー男たちは、披露宴と2次会の間の中途半端な時間を持て余しながら、青春時代の思い出話に花を咲かせる。
彼らは今までと変わらず、これからもこの関係は続いていくのだろうと思っていたが、ある出来事が起きる。

【感想】
胸に、体に突き刺さる、これは「僕」の映画でした。

ストーリーは男子校のりのバディもの、なんですが、ひねりもあるし、ビターな味付けもしてあってもう大好物。
とりわけ演劇絡みのシーンは身に覚えのあることばかり、ここで心抉らなければいつ?と言わんばかりの実体感がありました。
大きなテーマである、「喪失」といかに向き合うか、(或いは向き合わないか)についても、
丁寧な台詞回しと伏線から回収のパターン化でシンプルに突き刺さる構造になっていると感じます。

俳優陣も実に豪華かつ熱演。
先輩後輩のゆるい関係性といった人物配置もうまく整理されているし、
各々熱演、実に楽しそう。
主演の成田凌は当然のこと、高良健吾、若葉竜也はもはや映画界には欠かせないことを証明しているし、
個人的には浜野謙太の「あの演技」には深く深く共感せざる得なかったです。

若干気になったところは、伏線から回収のリピートがやや多く、少しくどく感じ、尺のわりに長く感じるところ。
結果、どこがラストシーンでも良いような切りどころのわからなさはたしかに感じました。

誰もがいつかは経験してしまう、あの感情。
「くれなずめ」はそのタイトル通りの命令形の映画。
忘れることの重要さ、忘れないことの愛おしさを教えてくれる映画だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ