アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年04月 の投稿
2021年04月22日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年42本目】映画「バクラウ」観ました。

【解説・あらすじ】

村の長老の死後、不可解な出来事と暴力の災禍に見舞われる村を舞台にしたスリラー。
貧困や格差といった現代社会が抱える問題を投影した物語は、第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞に輝くなど世界各地の映画祭を席巻した。
メガホンを取ったのは『アクエリアス』などのクレーベル・メンドーサ・フィーリョと、ジュリアーノ・ドルネリス。
同作に続きクレーベル監督と組む『蜘蛛女のキス』などのソニア・ブラガ、『異端の鳥』などのウド・キアのほか、
バルバラ・コーレン、トーマス・アキーノらが出演する。

テレサは村の長老カルメリータが亡くなったことを受けて、故郷の村バクラウに戻ってくる。
しかしその日以降、インターネットの地図上から村が消え、謎の飛行物体が上空に出現し、村の命ともいえる給水車のタンクが銃撃を受けるなど、村では異変が続発。
やがて村外れで村人が殺害され、それまでほとんど見かけなかったよそ者の来訪によって、村は血なまぐさい暴力の渦に巻き込まれていく。

【感想】
なんとも謎めいた映画でした!
昔懐かしい西部劇っぽい設定にも感じるし、ホラーっぽさもあるし、、。
お話は想像以上に複雑で、貧困や過疎といった現代的なテーマを追いつつ、
結構な勢いでこれまた想像の斜め上の展開にまさしく突き進んでいきます。。。。
どこかに伏線があったはず?とか、あれえ回収されてる??とか考えたりする余地を与えないスピード感はまさしく異質。
異質なんですが楽しむ余地だけは満載という本当にトリッキーな構成。
ちょっとジャンル分けができない怪作だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月20日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年41本目】映画「mid90s/ミッドナインティース」観ました。

【解説・あらすじ】

『マネーボール』などの俳優ジョナ・ヒルが初監督を務め、自身の経験を基につづる青春ドラマ。
1990年代のロサンゼルスで、少年がスケートボードを通して仲間たちと出会い成長していく。
主人公の少年を『ルイスと不思議の時計』などのサニー・スリッチが演じるほか、キャサリン・ウォーターストン、ルーカス・ヘッジズらが共演。
音楽をナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーがアッティカス・ロスと共同で手掛け、ニルヴァーナ、ピクシーズなど1990年代のヒット曲が物語を彩る。

1990年代のロサンゼルスで、13歳のスティーヴィー(サニー・スリッチ)は母親のダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と兄のイアン(ルーカス・ヘッジズ)と暮らしていた。
体格差のある兄にかなわないスティーヴィーは、大きくなったら見返そうと考えていた。
そして街のスケートボードショップで知り合った少年たちの自由でかっこいい姿に憧れを抱く。

【感想】
台詞回し、映像、演出、どこをとってもエモーショナル!!
配役のバランスがちょうどよいので90年代のスケートボードカルチャーの説明が過多になりすぎず、自然に体感できました。
ストーリーの骨格をなす疑似的兄弟と実兄弟の葛藤や、
デジタル化しちゃった現代では見かけられなくなっちゃったアナログ感のある人間関係の築き方などは実に丁寧に描かれていました。
後で確認したら、これ、監督ジョナ・ヒルなんですね!
俳優としても評価の高い彼の内心に触れたような貴重さも有りました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月19日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年40本目】映画「生きちゃった」観ました。

【解説・あらすじ】

『舟を編む』などの石井裕也が監督を務め、脚本も書き下ろした意欲作。
平凡な日々を送っていた男が妻の不貞に遭遇したことをきっかけに、
運命の歯車が大きく狂い出していく。
「映画製作の原点回帰」をコンセプトに、
各映画製作者たちに同額の予算を割り当て新作を撮る「B2B(Back to Basics)A Love Supreme」というプロジェクトのもとで製作された。
石井監督作『町田くんの世界』にも出演した仲野太賀、『葛城事件』などの若葉竜也らが出演。

妻と5歳の娘と暮らす山田厚久(仲野太賀)がある日会社を早退して帰宅すると、妻が見知らぬ男と情事にふけっているところに遭遇。
これまで平凡だが穏やかに暮らしていると信じていた厚久は、突然の出来事に動転し感情にふたをすることしかできなかった。
その日を境に厚久と妻、幼なじみの武田(若葉竜也)との関係はゆがみ始め、予期せぬ方向へと転がり出していく。

【感想】
おそらくは現在最強のキャスティング!
仲野太賀、若葉竜也、そして大島優子。
当代きっての演技派俳優、若手三人のアンサンブルはまさに眼福です。
仲野さんの空虚心、若葉竜也さんの優しさの涙、大島優子さんの狂気じみた雰囲気。
静かな中にも強烈な印象に残る演技合戦でした。
また、実社会の持つ不条理や歪んだ家族関係、それでも変らない愛情を絶妙のバランスで織りなした石井監督の脚本も素晴らしかった。
惜しむらくは回想シーン。
結構あっさりしているので3人の関係性がわかりにくく、また語学学習?の動機も不明?
もっとエモーショナルにしてもよかったのではと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年39本目】映画「82年生まれ、キム・ジヨン」観ました。

【解説・あらすじ】

韓国でベストセラーとなり、日本でも販売された小説を映画化したドラマ。
1982年に生まれた女性で最も多い名前を持つ平凡なヒロインの半生を、韓国のジェンダー問題や社会問題を織り交ぜながら描き出す。
キム・ドヨンがメガホンを取り、主演のチョン・ユミと夫役のコン・ユが『トガニ 幼き瞳の告発』や『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続いて共演する。

結婚を機に仕事を辞めたジヨン(チョン・ユミ)は育児と家事に忙殺され、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。
ある日、ジヨンは他人が乗り移ったかのような言動をするようになり、さらにその時の記憶は全くなくなっていた。
夫のデヒョン(コン・ユ)はジヨンにその真実を告げることができずにいた。

【感想】
ジェンダーギャップという可視化が難しく、表現するのにデリケートな問題を真っ向正面から捉えた意欲作でした。
男性優位社会における女性の生き辛さ。
言葉にするといかにも軽い表現に陥りそうなところを、ときに息苦しく、また時には血が滲むほどに鋭く映像でみせる手腕はさすが。
歪んだ結婚観だったり、鬱との付き合い方といった、社会の病巣が万遍なく散りばめられていて胸に迫るものもありました。
この映画を男性卑下のフェミ映画と切って捨てるのはそれこそ軽薄。
まさしく他山の石としてしっかり刮目すべきと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!いかんせん少し尺が長く感じました。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月17日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年38本目】映画「ザ・ハント」観ました。

【解説・あらすじ】

富裕層が娯楽目的で行う人間狩りを描いたバイオレンススリラー。標的として集められた男女のサバイバルを、アメリカ社会への風刺を盛り込み活写する。
『ゲット・アウト』など数々のヒット作を送り出してきたジェイソン・ブラムが製作、『コンプライアンス 服従の心理』などのクレイグ・ゾベルが監督を務めた。
オスカー女優のヒラリー・スワンク、ドラマシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」などのベティ・ギルピン、『パロアルト・ストーリー』などのエマ・ロバーツらが出演する。

広々とした森の中で12人の男女が目覚めると巨大な木箱があり、中には1匹の豚と数多くの武器が入っていた。
状況が飲み込めないまま何者かに銃撃された彼らは武器を手に逃げ惑う中、あるうわさが本当であったことに気付く。
それは、「マナーゲート」と呼ばれる一部の富裕層によるスポーツ感覚の「一般市民狩り」だった。
一方、狩られる側の1人であるクリスタル(ベティ・ギルピン)が反撃を開始する。

【感想】
従来からよくある設定、「人間狩り」をうまく現代風にアップデートさせた作品でした。

凄惨なシーンが多いのですがスピード感も有り、バトルロワイヤルあたりで耐性のある方なら十分鑑賞できると思われます。(保証はしません、、)
お話の骨格はアメリカで顕在化している左右の隔たり、上下の格差がベースなので意外と社会派ムービーだったりもします。
難点を言えば伏線の回収だったり、お話の設定(特にスケール感)、動機の部分が今ひとつ飲み込みにくいところ。
あと10分ぐらい長くても良かったのではとは感じました。

ブラックジョークがきつい、きつすぎるので観る人を選ぶ作品とは思われますが、僕的には十二分に楽しめました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月12日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年37本目】映画「私をくいとめて」観ました。

【解説・あらすじ】

芥川賞作家・綿矢りさの小説を原作に、アラサー独身女性と年下男性が織り成す不器用な恋模様を描くラブストーリー。
脳内にいるもう一人の自分を相談役にシングルライフを満喫するヒロインが、思いも寄らず恋心を抱く。
監督・脚本を、綿矢原作の『勝手にふるえてろ』などの大九明子が務めた。
ヒロインをのん、彼女のことが好きな年下男性を林遣都が演じる。

アラサー女子の黒田みつ子(のん)は何年も恋人がいないが、
脳内にいるもう一人の自分「A」にさまざまなことを相談しながら独り身でも楽しく生活していた。
常に的確な答えを導き出す「A」と一緒に平和なシングルライフが続くと思っていたある日、年下の営業マン多田くん(林遣都)に恋してしまう。
独身生活に慣れたみつ子は勇気を出せない自身に不安を抱えつつも、多田くんと両思いだと信じて一歩踏み出す。

【感想】
確かに観る人を選びそうな作品ですが、僕的にはクリティカルヒット!
大好きな世界観でした。

原作は未読なのですが、そこはさすがの大九監督、巧みな脚本。
シリアスとコメディ、現実と虚実のバランスがギリッギリ。
設定のわかりにくさを上手く排除できていました。

キャスティングも上々。
のん、橋本愛、林遣都といったメインどころの演技はまさしくキッチリイメージしやすい。
さらに実存化した際の「A」のちょうど良さとか、よく思いついた、また俳優さんもよく受けた!
お笑いの人のキャスティングもいい塩梅でした。

確かに生きていれば息苦しく。
でも一人では寂しく。
そんな面倒くささを受け入れる、素晴らしき人生讃歌でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月11日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年36本目】映画「野球少女」観ました。

【解説・あらすじ】

プロ野球選手を目標にしている天才野球少女の挑戦を描いた青春ドラマ。
誰よりも練習熱心で実力がありながら、女子という理由でプロ入りを反対される少女が、逆境にめげず夢に向かって奮闘する。
監督・脚本はチェ・ユンテ。
主人公をドラマ「梨泰院クラス」などのイ・ジュヨン、
彼女を支えるコーチをイ・ジュニョクが演じ、ヨム・ヘラン、ソン・ヨンギュらが脇を固める。

最高134キロの速球と鋭い変化球が強みのチュ・スイン(イ・ジュヨン)は、高校卒業後にプロ球団でプレーすることを夢見て熱心に練習を重ねてきた。
しかし、女子という理由でトライアウト(プロテスト)を受けられず、友人や家族からも夢を諦めるよう説得される。
そんな折、かつてプロを目指すも断念したチェ・ジンテ(イ・ジュニョク)がコーチとして赴任し、スインの運命は大きく動き出す。

【感想】
そりゃあ、細かなところには気になる点が沢山あるんですよ。
ピッチャーとしての作法だったり、あのフォームであの球種?投げれる?問題だったり、、。

でも、それらに目をつぶってでも評価すべき点のある映画だと感じました。
コーチとの二人三脚ぶりやライバルとの友情や葛藤といった定番をしっかり抑えつつ、
ジェンダーの問題に深く切り込み、親子間の揺れる感情をしっかりフレーミング。

とりわけ僕は「親世代」ですから、

「子供の夢にいかに寄り添うか」
「現実との折り合いを教える事の可否」

の視点で観ており、やっぱり心抉られました。

後半からラストシーンにかけての展開はは確かに賛否の分かれるところですが、僕的には◎。
あのくらいの落とし所がリアルで心に響くものが有りました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年35本目】映画「あのこは貴族」観ました。

【解説・あらすじ】

山内マリコの小説を原作にしたドラマ。結婚こそ幸福と考えて相手探しに奔走する女性と大学を中退して怠惰に生きる女性の人生が交錯する。
メガホンを取るのは『グッド・ストライプス』などの岨手由貴子。
門脇麦、水原希子が出演する。

都会に生まれ、結婚こそが幸せという価値観を抱く20代後半の榛原華子(門脇麦)は、結婚を意識していた恋人に振られてしまう。
名門女子校時代の同級生たちの結婚や出産を知って焦る彼女は相手探しに奔走し、良家出身で容姿端麗な弁護士・青木との結婚が決まる。
一方の時岡美紀(水原希子)は富山から上京して慶應大学に進むものの中退、働いていてもやりがいを感じられず、恋人もおらず、東京で暮らす理由を見いだせずにいた。
全く異なる生き方をしていた2人の人生が、思わぬ形で交わっていく。

【感想】
まさしく映画の教科書に載りそうな、しっかりとした構図の作品でした!
まず、設定の東京の描き方の着眼が素晴らしい。
新旧、東京タワーとスカイツリー、見え方、観せ方まできっちり計算されつくされています。

更には配役。
あえてあの役に門脇麦、この役に水原希子。
逆でも成立する、むしろ凡百なディレクションなら入れ替えていてもおかしくないところ、
門脇麦の多様さ、水原希子の自然さに賭けたのはまさに慧眼。
さらにさらには高良健吾の存在感はまさしく彼のベストアクトなのではと感じずに入られませんでした。

演出やテーマにもしっかりとしたカタルシスが有り、これも心地よかったです。

なれた環境、行き詰まった境遇、固まってしまった価値観。
いずれからもしっかりとした足取りで開放、解放されていくストーリー、
「幸せ】を再定義している非常に語りがいのある作品でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!強いて言うなら、単語、セリフとしての「トウキョウ」がやや多い、、。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年04月08日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年34本目】映画「異端の鳥」観ました。

【解説・あらすじ】

ポーランド出身のイェジー・コシンスキの著書を原作にした、ホロコーストを生き抜いた少年を描く問題作。
主人公が理不尽な差別や迫害に立ち向かう。
少年を新人のペトル・コラールが演じ、『ニンフォマニアック』などのステラン・スカルスガルドやハーヴェイ・カイテルらが共演。

少年(ペトル・コラール)は東欧のとある場所に疎開し、無事にホロコーストから逃れる。
だが、疎開先の一人暮らしの叔母が病気で亡くなり、さらに叔母の家が火事で焼け落ちたため一人で旅に出ることになる。
孤児になった彼はあちこちで白い目で見られ、異物として周りの人々にむごい扱いを受けながらも懸命に生きようとする。

【感想】
衝撃の問題作でした。。。
主人公である少年の、人間の感情、
喜怒哀楽から喜びと楽しみを完全に消失させる、
まさに死んだ目の演技は、これが演技なのかどうかわからないほど実存的。
ホロコーストという地獄から逃れてもなお続く地獄は、まさに恐ろしいのは人間そのものだということをむき出しで表現していました。
では現代的ではないかと言うとさにあらず。
「異端」に対する迫害はいじめや人種差別、しいてはジェンダー問題や格差社会などと言葉を変えながら連綿として存在し、
おそらくは解決しない。
ラストシーンも希望と見るのか、それとも絶望の続きと見るのか判断が付きませんでした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です!3時間超えの長尺ですが見る価値は必ずあります。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ