アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年03月 の投稿
2021年03月31日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年33本目】映画「ピーナツバターファルコン」観ました。

【解説・あらすじ】

『リトル・ミス・サンシャイン』などのプロデューサー、アルバート・バーガーとロン・イェルザが組んだドラマ。
漁師とダウン症の青年の旅路を描く。
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』などのシャイア・ラブーフ、『フィフティ・シェイズ』シリーズなどのダコタ・ジョンソン、
ザック・ゴッツァーゲンが主演を務める。監督と脚本をタイラー・ニルソンとマイケル・シュワルツが担当。

ダウン症のザック(ザック・ゴッツァーゲン)は、老人養護施設で生活していた。
ある日、ずっと憧れていたプロレスラーの養成学校に入るために施設を脱走した彼は、兄が他界した漁師のタイラー(シャイア・ラブーフ)と出会い、意気投合する。
一方、施設の看護師エレノア(ダコタ・ジョンソン)は、ザックを捜していた。

【感想】
ロードームービーは基本的に大好き!。
とりわけこの作品は大きな起伏や衝撃的な事件はないものの、
優しさに溢れていてとても好感が持てました。
特に注目に値するのは「失敗】との向き合い方。
克服するのではなく、自然と解消していく様子をさらりとした演出で観せてくれるのはとても自然に感じました。
ラストのプロレスシーンには強く心を打たれるものがあります。
心に残る暖かさの詰まった映画でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月25日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年32本目】映画「スーパーバッド童貞ウォーズ」観ました。

【解説・あらすじ】

ジョナ・ヒル主演にしてエマ・ストーン初出演の青春コメディ。
童貞の高校生3人組が卒業パーティーで、それぞれ意中の女子生徒と初体験を目指して奮闘する青春コメディ。
全米で初登場1位となり、公開4週目で興行収入1億ドルを超えるヒットとなった。
また、作品の評価も高く放送映画批評家協会賞などにノミネートされた。
サウンドトラックにはライル・ワークマンとともにブーツィー・コリンズが大々的に参加している。

【感想】
ご安心ください!
これ傑作ですよ!!

タイトルこそ悪ふざけが過ぎていますが、お話はまさしく正統派の青春コメディー。
ハイスクール卒業間際、リビドー全開のドタバタを、
当事者目線とこれまたおバカすぎる大人目線で織りなす脚本、意外なほど甘酸っぱいラストへの展開は凄まじく素晴らしいです。

また、キャスト陣もベストな配役。
今や演技派俳優のジョナ・ヒル、ご存知セス・ローゲン、そして何よりエマ・ストーンのデビュー作だったりもします。

青春の持つ「不安」、自立へのいらだち、友情の尊さ、恋と愛への目覚め。
十二分に批評に耐えうる青春映画の偉大なマイルストーン。

当然におすすめです!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月23日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年31本目】映画「星の子」観ました。

【解説・あらすじ】

今村夏子の小説を原作にしたヒューマンドラマ。
怪しげな宗教を信じる両親のもとで育った少女が、思春期を迎えると同時に自分が身を置いてきた世界に疑問を抱く。
メガホンを取るのは『タロウのバカ』などの大森立嗣。
芦田愛菜が、ヒロインのちひろを演じている。

父(永瀬正敏)と母(原田知世)から惜しみない愛情を注がれて育ってきた、中学3年生のちひろ(芦田愛菜)。
両親は病弱だった幼少期の彼女の体を海路(高良健吾)と昇子(黒木華)が幹部を務める怪しげな宗教が治してくれたと信じて、深く信仰するようになっていた。
ある日、ちひろは新任の教師・南(岡田将生)に心を奪われてしまう。
思いを募らせる中、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を南に目撃された上に、その心をさらに揺さぶる事件が起きる。

【感想】
原作の小説は購入済み、未読です。(20210323現在)

宗教と家族をテーマにしたお話、展開や挟み込まれるエピソードは結構既視感強め。
しかしながら描写が細かく、しかも淡々としている、生活感を感じるものだったので新鮮にも感じました。
キャスティングで目を引いたのは岡田将生さんの存在感。
「嫌味なイケメン」というニッチだが確実に需要のあるジャンルを確立しています。
もちろん芦田愛菜さんの確かな成長を感じさせる演技も素晴らしい。
セリフの紡ぎ方、表情の表現がとても丁寧。
今後も年齢に応じた配役にピッタリキッチリ演じていくのは確実だと感じました。
少しだけ惜しく感じたのは「宗教」の持つ闇の部分、その深みの表現が足りないこと。
幸福とはなにか?を問うときもう少しだけ深堀りしてほしかったです。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年30本目】映画「スパイの妻」観ました。

【解説・あらすじ】

黒沢清監督によるドラマの劇場版。
太平洋戦争前夜を背景に、運命によってもてあそばれる夫婦の試練を描き出す。
蒼井優と高橋一生が夫婦役を演じ、坂東龍汰、東出昌大らが共演。

1940年、神戸で貿易会社を経営する優作(高橋一生)は満州に渡り、偶然恐ろしい国家機密を知る。
正義のために一連の出来事を明るみに出そうとした彼は、反逆者とみなされてしまう。
優作の妻の聡子(蒼井優)は反逆者と疑いの目で見られる夫を信じ、スパイの妻とそしりを受けても、
愛する夫と手に手を取って生きていこうと決意する。

【感想】
ドラマは未見です。
濱口竜介さん(「寝ても覚めても」監督)が参加した脚本はもちろん、
演出は不穏さを醸し出す黒沢イズムをしっかり感じさせるものでしたし、
音楽や美術など細部に至るまでこだわり抜いた、独特の世界観はさすが。お見事です。
また、物語の骨格を支えるキャスト陣の確かな存在感も見どころ。
主演の二人はもちろん、東出昌大の幅のある演技は必見、新境地に感じました。
惜しむらくは最後の最後、焼け野原描写のセットが少しファンタジーに感じたところ。
演出上の意図なのかもしれませんがそこだけトーン、リズムが変わり、
メッセージ性が伝わりにくくなっていたように思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月15日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年29本目】映画「ミッドサマー」観ました。

【解説・あらすじ】

長編デビュー作『へレディタリー/継承』で注目されたアリ・アスターが監督と脚本を務めた異色ミステリー。
スウェーデンの奥地を訪れた大学生たちが遭遇する悪夢を映し出す。
ヒロインを『ファイティング・ファミリー』などのフローレンス・ピューが演じ、
『ローズの秘密の頁』などのジャック・レイナー、『メイズ・ランナー』シリーズなどのウィル・ポールターらが共演。

思いがけない事故で家族を亡くした大学生のダニー(フローレンス・ピュー)は、
人里離れた土地で90年に1度行われる祝祭に参加するため、恋人や友人ら5人でスウェーデンに行く。
太陽が沈まない村では色とりどりの花が咲き誇り、明るく歌い踊る村人たちはとても親切でまるで楽園のように見えた。

【感想】
怖いというよりは不気味、気持ちわるいというか居心地の悪い映画でした。
土着的な信仰、宗教儀式のシーンはあまりにも耽美的。
極彩色の景色の中で展開される物語はあまりに残酷、なのに不思議な恍惚感がありました。
少しだけ考察を入れると、
・狂気と正常、地獄と天国の境界、ダウナーとアッパーの交錯問題
・祝祭の前後日程問題
など語りシロの多い作品だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月14日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年28本目】映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」観ました。

【解説・あらすじ】

2018年に放送され人気を博したアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の外伝。
名門女学園を舞台に、貴族の娘が教育係として現れた元少女兵と奇妙な絆を育む。
監督を務めるのはアニメ版のシリーズ演出を務めた藤田春香。
ボイスキャストに石川由依、寿美菜子、悠木碧、子安武人、内山昂輝、遠藤綾ら。

白椿が咲き乱れ、良家の娘のみが通学を許される名門女学園に通う大貴族ヨーク家の跡取り娘イザベラ・ヨークは、
父親と交わしたある契約が原因で学園生活が苦痛でしかなかった。
あるとき、彼女の専属教育係として元少女兵ヴァイオレット・エヴァーガーデンが学園に派遣される。
彼女はC.H郵便社で、代筆を通して人の心に触れることができる自動手記人形といわれる代筆業に就いていた。

【感想】
TV版、特別版を観てしっかり予習の後鑑賞しました。
美しい、圧倒的な作画はもちろん健在。
ストーリー的には本編で繰り広げられたエグい戦闘描写を控え、
「その向こう側」、市井の人々を描くことで更に戦争のもたらす悲劇を表現しています。
僕はエヴァーガーデンの、言葉に表せない、溢れ出す感情、
相手を深く思う時の、「あの表情」に心を持っていかれました、、。
近年を代表するアニメ作品であることに間違いない、
超おすすめの一本になりました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月11日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年27本目】映画「ヤクザと家族」観ました。

【解説・あらすじ】

『新聞記者』などの藤井道人監督がメガホンを取り、一人のヤクザの生きざまを三つの時代に分けて描くヒューマンドラマ。
ヤクザになった男が大切な仲間や恋人と出会うも、暴力団対策法が施行されたことにより波乱が起きる。
主人公のヤクザを綾野剛、主人公と父子の契りを結ぶ組長を舘ひろしが演じるほか、
尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗などが共演する。

1999年、覚醒剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。
2005年、ヤクザとして名を上げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。
それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。

【感想】
由緒正しき「ヤクザ映画」を新しき名匠、藤井道人監督が撮るとこうなる!
ストーリーは旧譜をしっかり受け継ぎながらもスタイリッシュにアップデート。
ヤクザの家族観と実際の家族の相似性をしっかりと組み合わせた力感あふれ、それでいて繊細な演出だったと思います。

キャスティングもまさしく現代性を感じさせてくれる絶妙さ。
綾野剛はもちろん、北村有起哉の兄貴感、舘ひろしのいい感じに枯れたお父さんの佇まい。
そして何より尾野真千子!
彼女の豊かで幅広い演技は本当に圧巻。日本映画の確かな宝石がまた一層の輝きを魅せています!
強いて言うなら後半の下り坂がきつすぎる気がしますが、ある意味リアル、、。
生きていくことの厳しさを強く感じる素晴らしい映画でした!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月07日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年26本目】映画「あの頃。」観ました。

【解説・あらすじ】

劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を原作にしたドラマ。
さえない日々を送る青年が、アイドルにハマり、オタクたちと出会い、青春を謳歌する。
監督は『愛がなんだ』などの今泉力哉。
松坂桃李、仲野太賀、山中崇のほか、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、大下ヒロト、木口健太らが出演する。

大学院受験に落ち、恋人もおらず、金もない劔(松坂桃李)。
どん底の生活を送る中、松浦亜弥の「桃色片想い」のミュージックビデオを目にしたのがきっかけで、
ハロー!プロジェクトのアイドルたちの熱狂的なファンになりオタ活に没頭する。
藤本美貴推しで、プライドが高くてひねくれたコズミン(仲野太賀)をはじめとするオタク仲間と「恋愛研究会。」を結成し、
トークイベントやライブの開催、学園祭でのアイドルの啓蒙活動に励んでいくが、、、。

【感想】
とても不完全な映画だったと思います。(超褒めてます!)

ストーリーはド緒級の青春映画。
ハロプロの歴史を辿りながらそれぞれの自立と成長を見つめる物語です。

キャスティングは超絶妙!
どの配役をとっても替わりは見つからないと思える充実感。
いまや世代最高の演技力、仲野太賀さん。
これもまた世代最強の個性派俳優、若葉竜也さん。
コカドケンタロウの発掘など、監督をはじめとした目利きの素晴らしさに拍手です!

ストーリー的には
僕は正直ハロプロの洗礼を受けていないので、そのあたりの時系列や熱量は理解の外側でした。
ただ、それでもこの映画はきっちり「あの頃。」に僕を連れ戻してくれましたし、
そして何より今生きていることの喜びを感じさせてくれました。

たぶん、このような青春映画は数多に有り、その方程式に乗った作品であることに異論はないのです。
ですが、代入する値によってその解が変わるのもおそらく間違いはない。

いろんな結末、例えばほろ苦で終わるとかも考えられる中、あのラストシーンを選んだのには大きな意味がある。
できればあの頃の仲間と一緒に観たい映画でした!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月06日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年25本目】映画「すばらしき世界」観ました。

【解説・あらすじ】

『永い言い訳』の西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。
原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。
『孤狼の血』などの役所広司が主演を務め、テレビディレクターを仲野太賀、テレビプロデューサーを長澤まさみが演じている。
橋爪功、梶芽衣子、六角精児らも名を連ねる。

下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。
過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。
そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。

【感想】
完璧な脚本、完璧な演出、完璧なキャスティングをエモーションで紡いだ、いい意味で未完成、余白のある物語でした。

ヤクザ者が生きづらい映画、は多分世界中に五万とあると思うのですが、さすがは西川作品。
あくまでも属性はシンボリックなものとして捉え、
誰もが感じる息苦しさ、生きづらさを縦軸、
真直さや人が本来持つべき優しさ、他者を思い遣る気持ちを横軸として、
真正面から社会的孤立の持つ恐怖を表現しきっていました。

キャスティング、演者さんたちの演技もさすが!
役所広司さんは多作なだけに当たり外れがある、と思っていたのですが、本作では彼のおそらくは本性である少年性、裏腹の狂気が十二分に発揮されていました。
そして何より仲野太賀さん!
彼がいるだけでお話のギアが一段上がる、もしくはギュッと引き締まる、まるでサッカーのゲームメーカーのような支配力。
大作の主役ももう十分視野に入っている、そのきっかけのような作品になっています。

演出上の肝はおそらくラストシーン。
ここから脚本を作り、シーンを組み立てたのではないかと推測するのですが、
あの結末をどう捉えるのかで「鑑賞後の劇場の外」の風景がガラッと変わると感じます。
これからいくつもの映画を観ていくのでしょうが、おそらくあの最後の「取り残されたような風景」は忘れないと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2021年03月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年24本目】映画「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」観ました。

【解説・あらすじ】

タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。
『ラブ・アクチュアリー』などで知られるラブコメに定評のあるリチャード・カーティス監督が、恋人や友人、家族と育む何げない日常の大切さを描く。
『ハリー・ポッター』シリーズなどのドーナル・グリーソンを主演に、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムス、
『ラブ・アクチュアリー』にも出演したビル・ナイらが共演。

自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。
恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。
しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまう。

【感想】
素晴らしい!本当に素晴らしい映画でした!
はじめはよくあるラブストーリーにタイムリープを掛け合わせた、よくあるコメディだと思っていましたが、
認識が甘かったです、ごめんなさい、、。

イギリスの田園地帯とロンドンの喧騒を織り交ぜながら進むストーリー、肝だと思っていたタイムリープは思いの外控えめ。
複雑になりすぎることがないので十分お話に没入できます。

演出も巧みで、セリフ一つ一つがキラキラと粒立っていました。
何より後半の展開、ラブストーリーが大きな構図で捉え直された瞬間!
様々な形の「愛」にあふれていくと同時に、もう涙でいっぱいに。。
とりわけ父親とのシーンは抉られるものが有りました。

僕は「たとえタイムマシーンが在っても過去に戻って今を変えない」のが口癖だったのですが、
認識が大きく変わる作品になったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ