アルシオン通信

Alcyon Blog

2020年05月15日

【観た/2020年56本目】映画「白い暴動」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2020年56本目】映画「白い暴動」観ました。

解説・あらすじ

1970年代後半のイギリスで広がった人種差別撤廃運動「ロック・アゲインスト・レイシズム(RAR)」のドキュメンタリー。
人種差別の撤廃を主張する活動を始めた若者たちがデモや音楽フェスを実現させていく様子を、
アーカイブ映像やインタビュー、アーティストのパフォーマンスを通じてひもとく。
監督を務めたのは、アジア系移民の家に生まれ、BBCのドキュメンタリーなどを手掛けてきたルビカ・シャー。

1970年代のイギリスで、市民の不安や不満が移民に向けられる中、
レッド・ソーンダズさんら数人の若者が人種差別の撤廃を主張する社会運動「ロック・アゲインスト・レイシズム(RAR)」を起こす。
自費出版の雑誌による抗議活動は、やがてザ・クラッシュといった著名なミュージシャンと結び付き、少しずつ支持を集める。
そして1978年4月、RARのデモ活動におよそ10万人が集まり、終着地では音楽フェスが開催される。

感想:
事実としてはうっすら知っていた、RARの活動ですが、実にわかりやすくまとめてあったと思います。
全体主義とか急進派の危険さは今も昔も変わらないのですが、「反体制」としてのアートや音楽の位置づけはやっぱり馴染みが薄く、
それだけに力強くも感じましたし、正直羨ましくも思いました。
映画の出来としてはもうちょっと音楽の出番を多くしてもらいたいし、クラッシュの出番ももっとほしい、
エンタメ感は思ったよりも薄く感じました。
(もっとも、ドキュメンタリーなので盛り上がりを期待するな、と言われればそれまでなのですが、、、)

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ