アルシオン通信

Alcyon Blog

2020年05月22日 の投稿
2020年05月22日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2020年63本目】映画「ゼロ・ダーク・サーティ」観ました。

解説・あらすじ:
911全米同時多発テロの首謀者にしてテロ組織アルカイダの指導者、ビンラディンの殺害計画が題材のサスペンス。
CIAの女性分析官の姿を通し、全世界を驚愕させた同作戦の全貌を描き出す。
メガホンを取るのは、アカデミー賞で作品賞などを受賞した『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー。
ジェシカ・チャステインが、狂気にも似た執念でビンラディンを追跡する主人公を熱演。
リアル志向のアクションやドキュメント風の映像も観物。

ビンラディンの行方を追うものの、的確な情報を得られずにいる捜索チーム。
そこへ、人並み外れた情報収集力と分析力を誇るCIAアナリストのマヤ(ジェシカ・チャスティン)が加わることに。
しかし、巨額の予算を投入した捜査は一向に進展せず、世界各国で新たな血が次々と流されていく。
そんな中、同僚の一人が自爆テロの犠牲となって命を落としてしまう。
それを機に、マヤの中でビンラディン捕獲という職務が狂気じみた執心へと変貌。
そしてついに、彼が身を隠している場所を特定することに成功する。

感想:
もしかすると、まだ現在進行形のポリティカルサスペンス。
911からビンラディン暗殺までの過程をCIAの視点から描いた物語は、
冷徹でとても生々しかったです。
主人公の孤独さや、組織の焦燥、国家による超法規的な復讐の過程を、
ファクトの破片を積み重ねながら構成していった監督の決意は、これもまた恐怖を感じるほどでした。
しいて言えばなのですが、ラストの突入シーンが長い。
リアルさを追求した結果なのでしょうけれど、やっぱり長い。
コンパクトさに欠け僕は少し緊張感を失いました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ