アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年10月01日 の投稿
2021年10月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年98本目】映画「ロブスター」観ました。

【解説・あらすじ】

第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた異色作。
とあるホテルに集められ、45日以内にパートナーを見つけなければ動物にすると言い渡された者たちを待ち受ける運命を追う。
メガホンを取ったのは、ヨルゴス・ランティモス。
コリン・ファレルを筆頭に、レイチェル・ワイズ、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥ、ベン・ウィショーなどの実力派が結集する。
奇想天外な設定や物語に加え、彼らが織り成すストーリー展開にも引き込まれる。

独身者であれば身柄を確保され、とあるホテルへと送られる世界。
そこでパートナーを45日以内に見つけなければ、自身が選んだ動物に姿を変えられて森に放たれてしまう。
そのホテルにシングルになったデヴィッド(コリン・ファレル)が送られ、パートナー探しを強いられることに。
期限となる45日目が迫る中、彼はホテルに充満する狂気に耐え切れず独身者たちが潜んでいる森へと逃げ込む。
そこで心を奪われる相手に出会って恋に落ちるが、それは独身者たちが暮らす森ではタブーだった。

【感想】
まさに異様、なんともシュール。。
まず提示されるルールの数々が謎だらけ。
ホテル内の支配・被支配の関係も理不尽の連続。
それでいて演出&演技は静かで、真剣そのもの。
お話のブラックコメディ的な構造と実際目に映るモノのリズムが違う、、、。

おそらくはなんですが、
この映画は愛やつながりといったモノの持つゆらぎだったり矛盾だったりをそのままあぶり出すことで、
極めて現実的だよーと表現したいのかな?とは思いました。

いずれにしてもハマれば場外ホームラン、ハマらなければ見逃し三球三振の、
評価がズバッと分かれる一本。

その後の「聖なる鹿殺し」「女王陛下のお気に入り」の前日譚として抑えておいても良いと感じました。

結論。
うーーーん、わからんやった!でもそれもアリ!

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ