アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年06月22日

【観た/2021年65本目】映画「アーニャはきっと来る」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年65本目】映画「アーニャはきっと来る」観ました。

【解説・あらすじ】

スティーヴン・スピルバーグ監督によって映画化された『戦火の馬』の原作者、マイケル・モーパーゴの児童書を原作にした人間ドラマ。
ナチス占領下のフランスを背景に、戦時下における一人の少年の葛藤を描く。
主人公を『エイブのキッチンストーリー』などのノア・シュナップが演じ、
『ヒトラー ~最期の12日間~』などのトーマス・クレッチマンや、『ラスト・バレット』などのジャン・レノらが共演している。

1942年、13歳のジョー(ノア・シュナップ)は、フランス・ピレネー山脈の麓にあるナチス占領下の小さな村で羊飼いをしながら暮らしていた。
ある日、彼はユダヤ人のベンジャミン(フレデリック・シュミット)と出会い、ユダヤ人の子供たちをひそかにスペインに逃がすという計画を手伝うことになる。
一方で、ジョーはドイツ軍の下士官とも親しくなっていく。

【感想】
無垢であることの美しさの詰まった映画でした。
映画のすじはよくあるナチスからの脱出劇なので、目新しさはあまりないのですが、
「ピレネーの美しさ、村の素朴さ、人々の純真さ」と「戦争の無慈悲さ」の対比はやはりきついものがありました。
少し様子が違うのは、「ナチス=悪劣非道な非人間」といった定型表現を避け、あくまでも感情のある人として描写している点。
家族思いの普通の人間が、普通に暮らす中、全体主義に陥り、狂気に染まっていく。
まさに戦争とは人を心から殺すということを、村人のどこまでも優しい生き様との対比であぶり出していたと感じます。
最後のシーンを救いと観るか否かは意見が分かれそうですが、折を見て見返し、自問したい映画でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。強いて言うならもう少し自然の美しさを強調しても良いと感じました。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ