アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年06月19日

【観た/2021年64本目】映画「トゥルーノース」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年64本目】映画「トゥルーノース」観ました。

【解説・あらすじ】

北朝鮮の強制収容所を舞台に、いわれなき罪で収容所に送られた一家の過酷な日々を描く3Dアニメーション。
ドキュメンタリー製作などに携わってきた清水ハン栄治監督が、収容生活を生き延びた脱北者の証言を基におよそ10年の歳月をかけて作り上げた。
収容所の悲惨な実情のみならず、家族愛や仲間との絆、人間の尊厳などをつづる物語は、
アヌシー国際アニメーション映画祭コントルシャン部門に選出されるなど、世界各地の映画祭で高い評価を獲得した。

幼い兄妹・ヨハンとミヒ、彼らの両親は在日朝鮮人の帰還事業により北朝鮮に渡るが、
父が政治犯の容疑で逮捕され、母と兄妹は強制収容所に収監されてしまう。
寒さが厳しい収容所での生活は日々の食事にも事欠き、母子は極限の状況を支え合って生き延びていく。
ある日食べ物をめぐるいざこざによって母が殺され、絶望するヨハンであったが、母の最期の言葉をきっかけにわれに返る。

【感想】
これは、家族の、愛の物語。

普通に、幸せに生きることすら罪。
理不尽すぎる、わずか数百キロ先の「現実」には、本当に震えが止まらないほどの恐怖を感じました。

収容所の描写は控えめに言っても地獄そのもの。
環境も地獄なら、心が蝕まれていく様子も更に地獄。

そんな中でも紡がれていく、生命の美しさ、希望の在り方には胸の真ん中を深く貫かれました。。

勇気ある告白をもとに積み重ねてきた作画法、あえてアニメーションを選んだ決断も素晴らしい。

世界には知らないことがある。
いや、知っているのに観ていないふりをしてる。

映画には現実と希望を伝える力がある。

おそらくは生涯のなかでも必ず振り返るこの作品。

超必見です。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ