アルシオン通信

Alcyon Blog

2017年09月18日 の投稿
2017年09月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ムーンライト」観ました。

解説・あらすじ:
ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、さまざまな映画祭・映画賞で高評価を得たドラマ。
マイアミの貧困地域に生きる少年が成長する姿を、三つの時代に分けて追う。
監督は、短編やテレビシリーズを中心に活躍してきたバリー・ジェンキンズ。
『マンデラ 自由への長い道』などのナオミ・ハリス、『グローリー/明日への行進』などのアンドレ・ホランドらが出演。
逆境の中で懸命に生きる主人公に胸を打たれる。

マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。
学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。
そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。

感想:
アカデミー作品賞を「ララランド」ど競って、見事獲得した本作。
これも予備知識ナシで見ました。
正直言って見栄えの良い、エンタメ要素抜群、これぞハリウッド!ではありません。
3部構成の本作は、一言で言えばある貧しい黒人少年の葛藤と成長の物語なんですが、
お話は語られない部分が多く、観客の想像力に委ねられていきます。
3部作で共通しているのはあまりにも美しい月光。
月明かりの下、波の音の中でだけは正直に語りだす主人公の姿が、やはり美しく、狂おしく、甘苦い。
静かな波のような作品で、ウォン・カーウァイの「小さな惑星」とか、北野武の「この夏一番静かな海」とかを思い出す佳作だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.0です。上手くお話に乗れないと退屈に感じるかもしれません。。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ