アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年03月 の投稿
2022年03月31日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年18本目】映画「うみべの女の子」観ました。

うみべの女の子

【あらすじ】
海辺の小さな街に暮らす中学生の小梅(石川瑠華)は失恋のショックで、
以前告白された同級生の磯辺(青木柚)と関係を持つ。
何度も体を重ねるようになり、小梅は磯辺に恋心を抱くようになるが、
小梅に好意を寄せていたはずの磯辺は関係を終わらせようとする。
そして、磯辺はかつていじめを苦に自殺した兄への気持ちが高じて、ある行動を起こす。

浅野いにおのコミックを原作に、思春期の男女の恋と性を描いた青春ドラマ。
海辺の街で暮らす中学生の少女と少年が興味本位で体の関係を持つ。
監督ウエダアツシ。
主人公の中学生を石川瑠華と青木柚が演じるほか、
前田旺志郎、中田青渚、村上淳などが共演する。

【感想】
原作は未読なんですが、浅野さんの作品は好き、という立ち位置で鑑賞しました。

まずストーリー。

まあまあ、ありがちな感じ。
特に新鮮味はなかったです。

一方、演出。

ビターでヒリヒリする浅野テイストはきっちり表現されていました。
また曲の使い方や部屋の雰囲気と海辺の光景の対比、閉塞と開放の表現はメリハリも効いると感じました。

気になるのはキャストの年齢設定。
中学生の危うさをテーマにするのはキャストのみなさんがどなたも「そう見えない」。。
いっそ高校生ぐらいに設定変更しても原作のテイストは伝わったのではないかと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2022年03月23日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年17本目】映画「子供はわかってあげない」観ました。

子供はわかってあげない

【あらすじ】
ふとしたことから仲良くなった水泳部員の朔田美波(上白石萌歌)と書道部員の「もじくん」こと門司昭平(細田佳央太)は、
突然送られてきた「謎のお札」をきっかけに、幼い頃に別れた美波の実の父親を探すことに。
もじくんの兄(千葉雄大)の協力を得て実父・藁谷友充(豊川悦司)の居所を探し出した美波は、家族に内緒で父を訪ねる。
再会した父の怪しげな雰囲気に戸惑う美波だったが、夏休みをともに過ごっすこととなる。

モーニングで連載され「マンガ大賞2015」の2位に選出された田島列島のコミックを実写映画化。
高校生たちのひと夏の冒険を描く。ヒロインを上白石萌歌、相手役を細田佳央太が演じ、千葉雄大をはじめ、古舘寛治、斉藤由貴、豊川悦司らが共演。
沖田修一がメガホンを取った。

【感想】

まずストーリー。
基本的にはボーイミーツガールが縦軸。
そこに様々な家族の思いを横軸に、立体的に展開するお話。
観ている方は、ヒロイン、男の子、母、今父、元父、男の子の兄、浜辺の女あの子まで、
まんべんなく感情移入できる脚本だったと感じました。

そして演出、演技。
上白石さん、この役は彼女しか考えられない。
細田さん、あの役は彼しか考えられない。
豊川さん、古館さん、斎藤さん、千葉さん、、、。
配役が絶妙すぎる!
真夏、学校、青春、葛藤と揃っているのに、あえて弾けさせず、抑えた演出もハマってました。

個人的には、
古館さん演じる今父のきっとあるであろう日々の葛藤。
理解した上で送り出す優しいまなざしに深く感じるものが有りました。

ちょっとだけマイナスなのは
・冒頭のシーン、間違ってる?と思うほど映画の内容から遠い入り口。
・ちょっと尺が長い。

ぐらいでしょうか。

誰しも体験した「あの頃」の「夏の日」。
足早に過ぎてゆく夏休みの情景と、ゆっくり滲みていく家族の風景が美しく優しい作品でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2022年03月17日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年16本目】映画「アイダよ、何処へ?」観ました。

アイダよ、何処へ?

【あらすじ】
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下の1995年、セルビア人勢力に占拠された東部の町スレブレニツァ。
国連平和維持軍の通訳として働くアイダは、勤務中に重要な情報を知る。
セルビア人勢力が基地にまで迫る中、アイダは助けを求めて押し寄せる同胞や家族を守ろうと奔走する。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1995年、多数のイスラム教徒が虐殺された事件「スレブレニツァ・ジェノサイド」を題材にした社会派ドラマ。
国連平和維持軍で通訳の仕事をする主人公が家族や同胞を危険から守ろうとする。
メガホンを取ったのは『サラエボの花』『サラエボ,希望の街角』などのヤスミラ・ジュバニッチ。
『バーバリアンズ セルビアの若きまなざし』などのヤスナ・ジュリチッチや『サラエヴォの銃声』などのイズディン・バイロヴィッチらが出演する。

【感想】

戦争とはいつ始まり、いつ終わるのか。
また、無関心の行方と責任とはなにかを深く、抉り取る力作中の力作でした。

正直この「今日」(執筆現在:2022年3月)に観るのはリアルすぎて心に重く、
ためらいの気持ちのほうが強かったのですが、
「世界に関わる一人の市民」として、覚悟決めて鑑賞しました。

まずストーリー。
“BASED ON TRUE STORY”とはこのこと。
二次大戦後のヨーロッパで行われた最大の虐殺(ジェノサイド)を、まさしく市民目線から撮影。
混乱の中で正解を導き出すことの難しさ。
要所要所で挟み込まれるセルビア人のボシャニク人に対する憎しみの原因等、正義の危うさ。
信仰が恐怖に飲み込まれていく敗北感。
多様な民族によって構成されていたユーゴスラビアがいかに危ういバランスで保たれていたか。
二人目のチトーがいなかったことの悲劇を見事に再現していたと思います。

演出的にも観るべき点が。
例えばキャスティング。
主演はユーゴ出身、敵役はその実の夫だったり。非常に示唆的です。

また、抑えに抑えた演出で残虐なシーンをギリギリまで排除し、
監督の意図、「見捨てられた世界」の内側を映し出しています。

誰も助けに来なかった。
誰も助けにならなかった。
誰も関心がなかった。

人々の無関心が狂気を加速させていく様は直視ギリギリでした。

さて。
2022年3月現在。
世界は、TVショーで、SNSで、戦争を眺める時代になりました。
部外者を決め込むことで身を守る術も進化しました。

スレブレニツァの悲劇からも何も学ばず、
過去の数多の戦争の悲劇を忘れ、
今日もまた、
ウクライナで、シリアで、ミャンマーで、ここであそこで。

戦争。
それは昨日まで楽しくおしゃべりしていた友人同士が狙撃のスコープ越しににらみ合い、
弾幕の向こうで血を流し、「8000人以上がなくなった」とかいうアバウトな数字に溶けて名を失う事。

戦争。
それは憎いと思い武器を持ち、憎しみを抱えて死ぬまでの時間。

無関心を決め込み、他人事にしてしまうのはもはや加担者。

「戦争反対」と心から、のど張り裂けるまで。

その意志を高めてくれた映画だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2022年03月16日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年15本目】映画「浜の朝日の嘘つきどもと」観ました。

浜の朝日の嘘つきどもと

【あらすじ】
福島県南相馬市の映画館「朝日座」は100年近くにわたり地元住民に親しまれてきたが、時代の流れに逆らえず、支配人の森田保造(柳家喬太郎)は閉館を決意する。
森田が一斗缶に入れた35ミリフィルムに火を付けると、突然現れた若い女性(高畑充希)が水をかけて消火する。
茂木莉子と名乗る彼女は、経営難の朝日座を再建するため東京からやってきたと話す。
地域に根差した名画座を守ろうとする莉子と、やむなく閉館を決めた森田の思いが、朝日座の存続をめぐって交錯する。

福島県南相馬市に実在する映画館「朝日座」を舞台に繰り広げられる人間模様を描いたドラマ。
さまざまな災禍を免れ、街の人々に愛されてきた歴史ある名画座が閉館の危機に直面する。
高畑充希、落語家の柳家喬太郎のほか、大久保佳代子らが出演。
タナダユキが監督・脚本を務めた。

【感想】
南相馬というシンボリックな土地で撮った、でも普遍的な映画でした。

まずストーリー。
まさしくド直球、ど真ん中。
あえてひねらず、伏線もわかりやすく回収。
きわめてシンプルにすることで本筋がくっきり浮かび上がる構造。
嫌味がなく、高感度高い!

キャスティング、演出も絶妙。
主演の高畑さんはじめ、キャストさん皆、
丁寧に愛情を込めてセリフの一つ一つを大切にしていることがよく分かる。
そして大久保佳代子さん、実に抑えの効いた演技。
稀代のコメディエンヌはむしろTVじゃなくて映画がハマる!
素晴らしい発見をさせてもらったし、ポスト樹木希林の一角ではないかとすら感じました。

あえて言えばですが、、。
ちょっとセリフが多い。。
会話劇である、ので仕方ないのですが、単語の重複とか絞れたのではないか。
ぐらいです。

何時だって、誰だって、何処に至って、生きていくのはは苦しく、切なく。
だからこそ愛し合い、励まし合い、支え合っていく。
シンプルな答えに希望を見出す、素晴らしい人間賛歌だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2022年03月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのオーナーかず&マダム和美 です。

【伊豆の観光・自然】春も間近♪河津桜まつり行ってきました(^o^)

3月に入って伊豆はすっかり暖かい!です(^o^)
さてさて、河津桜まつり、今年は開催です♪

お祭りは2/28まででしたが鑑賞は3/6まで可能です。

河津さくらまつり

 

河津桜まつり 菜の花

菜の花も見応えがあります。黄色とピンクのコントラストがとても可愛いいです。

今年は【河津カーネーション見本園】にも足を伸ばしました。

河津カーネーション見本園

河津カーネーション見本園

河津カーネーション見本園

屋台グルメとお買い物も、今年は少なめでしたが楽しかったです(^o^)

場所は河津駅周辺(渋滞ハンパないです、、)なので、車を伊豆高原駅に停めて電車で行くのもオススメです♪

河津桜まつりパーク&トレイン切符|期間限定お得な割引乗車券|おトクなきっぷ|伊豆急-おすすめ電車旅<観光・海・リゾート・温泉>

 

河津桜まではアルシオンから「渋滞しなければ、、、」45分位です。

公式HPはこちらです:河津桜まつり情報局
 

 一足早い春の伊豆、もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
2022年03月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年14本目】映画「ブータン・山の教室」観ました。

ブータン山の学校

【解説・あらすじ】
ある日、教師のウゲンは、ブータン王国で最も辺境の地であるルナナ村に転任するよう告げられる。
彼はオーストラリアに行ってミュージシャンになりたいという夢を持っていたが仕方なく承諾し、1週間以上かけてようやくルナナ村に到着する。
当初は電気もトイレットペーパーもない場所での生活を不安に思っていたウゲンだったが、次第に村になじんでいく。

ブータン王国北部にある、標高4,800メートルのルナナ村の学校を舞台に描く人間ドラマ。
自らの意思に反して都会からへき地の小学校に赴任した教師と、村人や子供たちとの交流を映し出す。
これがデビュー作となるブータン王国出身のパオ・チョニン・ドルジが監督と脚本を手掛け、
シェラップ・ドルジやウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルンやペム・ザムらが出演している。

【感想】
純真、純心とはこういう事を言うのだと思う。。。

ストーリーは一直線。
絶望的なまでに美しく、残酷すぎる過酷な自然環境を舞台に、
人としての生き方、未来の描き方を若者(先生)と更に若き子どもたちを通じて感じる、、
のですが!
実はそこに住まう大人が不幸せなんてことは全然なく、
むしろ子どもたちの未来が悲観的でないことを示唆しているところはまさに白眉。

演出も、まさに無垢で純真。
社会のザラつきやグローバリズムの波みたいなものを入れることもできたはずなのに、あえて排除。
「知っている社会」を観客に託す度量の広さを感じました。

ゆるやかで、穏やかで、確かな、音色、余韻。
こんなに素朴でこんなに豊かな映画があるなんて。

尺が短く、浸る時間がもっとほしい、もっともっとほしい。
時間の流れを忘れる、心の澱を掬うような貴重な瞬間を過ごせたと感じています。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2022年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ