アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年02月23日

【観た/2022年12本目】映画「ウエストサイドストーリー」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年12本目】映画「ウエストサイドストーリー」観ました。

ウエストサイドストーリー

【解説・あらすじ】

1950年代のニューヨーク・マンハッタンのウエスト・サイド。
貧困や差別による社会への不満を抱えた若者たちは同胞の仲間たちとグループを作り、それぞれに敵対し合っていた。
ある日、ポーランド系移民の「ジェッツ」の元リーダーであるトニー(アンセル・エルゴート)と、
対立するプエルトリコ系移民の「シャークス」のリーダーの妹マリア(レイチェル・ゼグラー)が出会い、一瞬で恋に落ちる。
その禁断の恋は、多くの人々の運命を変えていく。

1961年に映画化もされたブロードウェイミュージカルを、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。
1950年代のアメリカ・ニューヨークを舞台に、移民系の二つのグループが抗争を繰り広げる中で芽生える恋を描く。
脚本と振付は、共にトニー賞受賞歴のあるトニー・クシュナーとジャスティン・ペックが担当。
主人公をアンセル・エルゴート、ヒロインをレイチェル・ゼグラーが演じるほか、1961年版でオスカーを受賞したリタ・モレノらが出演する。

【感想】
がっつり腰の座った、「社会派映画。」
古典を古典のままに、無駄なく無理なくアップデートする巨匠スピルバーグの熟練技、というか執念が突き刺さる!

舞台版、旧映画版のある今作ですが、実際には遠い昔に触れた程度でした。
ストーリーを改めて思い出しながら鑑賞しました。

まず全体的な構成やストーリー。
それこそ、旧作のストーリー通りに展開。
ところがです。
記憶ではもっとラブストーリーだったような、、、。
実際はきっちり社会派。
アメリカの移民問題や差別、貧困問題、多様性まで幅広くえぐる。
1950年代を下敷きに2020年代までも、またアメリカ以外の世界までも深くえぐる。
巨匠が巨匠たる所以は目の前の問題から逃げないことであると思い知らされます。

演出もきっちり。
配役の絶妙さもさることながら、
「名曲」を「名曲のままに」活かし切ることに徹したところはまさにツボを得ている。
まるで職人が手作りしたナイフのような、確かな手触り、間違いのない切れ味。

あえて難癖つけるとすればですが、、
・移民問題の設定説明、あとせめて2分ぐらいほしい。展開が早くて理解が追いつきませんでした。
・貧困問題は少し描写が浅い。
・多様性の問題はもっと浅い。

おそらくストーリーとのバランスなので、
このくらいがちょうどよいのでしょうが、
それなら「どれか」に特化してもらってもとは少しだけ感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2022年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

アーカイブ