アルシオン通信

Alcyon Blog

2017年04月17日 の投稿
2017年04月17日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画『ヤング・アダルト ニューヨーク』観ました。

監督:ノア・バームバック
出演:ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ,アダム・ドライバー、アマンダ・サイフリッド

あらすじ:
ブルックリンを舞台にしたラブコメディー。自分たちがまだ若いと思っている40代、成功をつかもうと奮闘中の20代と、世代の違うカップル2組の出会いを映す。
監督は『フランシス・ハ』などのノア・バームバック。『LIFE!/ライフ』などのベン・スティラー、『インポッシブル』などのナオミ・ワッツ、
テレビドラマ「GIRLS/ガールズ」シリーズなどのアダム・ドライヴァー、『親愛なるきみへ』などのアマンダ・サイフリッドらが共演。
俳優陣が織り成すストーリーに注目。

ドキュメンタリー映画の監督であるジョシュ(ベン・スティラー)と、コーネリア(ナオミ・ワッツ)は40代の夫婦。まだまだ自分たちは若いと考えているが、
ジョシュにはここ8年完成させた新作がなく、人生や夫婦の関係から輝きが消えてしまったと感じていた。そんな中、
ジェイミー(アダム・ドライヴァー)とダービー(アマンダ・サイフリッド)という20代のカップルと出会う。
レコードやタイプライターといったレトロなグッズや文化を愛する彼らの姿に、ジョシュたちは刺激され傾倒していく。

感想:
ベン・スティラーが好きで借りました。
おとなになりきれない大人の話だったり、若さと野心の話だったり、成功者の残忍さだったり
ストーリーは切なくほろ苦く、20代と40代、そして60代の親世代のジェネレーションギャップを描く本作。
作品中の主人公が同年代ど真ん中なので、頭の硬さだったり、

忍び寄る体の老い(PCのフォントサイズの話とか絶妙)だったり自分と重なる点も多く考えさせられました。
また、主題の一つでもある「ドキュメンタリーとは何か」、真実なのか過剰な演出なのか、普段その手の作品をよく見るので非常に興味深かったです。

【評価点・つけるとしたら】

☆3つです。スッキリ終わらせるラストでも良かったのでは、どうなんでしょうね。。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ