アルシオン通信

Alcyon Blog

2016年06月 の投稿
2016年06月24日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【松川タライ乗り競争】のご紹介

本日は「松川タライ乗り競争」のご紹介です。

伊東温泉の夏を代表するユニークな行事。

かつて温泉旅館の洗濯などに使われていた直径1m程の

大きなタライに乗って、しゃもじのようなカイで

こぎながら川を下ります。

400メートルのコースは、楽しい声で大盛り上がり。

団体レースをはじめ、国際レースなど様々なレースがあります。

 

日時:7月3日(日) 9:30~12:00

(終了時間が変更になる場合があります。)

会場:伊東松川(いでゆ橋~藤の広場横 400m)

これがほんとに白熱して面白いんですよ!

当館からは車で30分ほどです!!

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
2016年06月23日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「ちはやふる上の句・下の句」観ました♫

監督:小泉徳宏監督
主演・出演:広瀬すず・野村周平など

2016年公開の作品です。原作はアニメをすでに観ています。

あらすじ:
「上の句」
小学校の同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。
卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。
高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、全国大会を目標とする。

「下の句」
高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。
自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。
そんな折、千早は同い年で女性日本一のクイーンとなった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り対戦を熱望するようになる。

【先に苦手に感じた所】
特にありませんでした。
上下いっぺんに観たんですが長く感じることもありませんでした。

【良かった点】

・王道の青春モノ!大好物でした!
・上の句では主演の広瀬すずだけでなく、メンバーの成長譚になっていて、脇役もしっかり輝く創りで好感度が高かったです。
・競技かるたという、知って入るけどルールが今ひとつ・・といったテーマをセリフに頼りすぎず、説明的にならずに理解させる絵作りもうまかったと思います。
・下の句での松岡茉優の存在感!
・キャストの設定に無理がなく、原作とは違っても自然に見えました。

【評価点・つけるとしたら】

☆4・5です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

実は競技かるた、すこしだけかじったことがあり、懐かしさ補正があるかもしれませんが、
それでも日本映画史上に残る青春映画の傑作、新しいマイルストーンであることに間違いないと思います。
続編も決まったらしく、いまから楽しみです!

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2016年06月15日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「最強のふたり」観ました♫

監督:エリック・トレダノ
出演:フランソワ・クリュゼ オマール・シー

2011年のフランス映画です。

【あらすじ】
パラグライダーの事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。
スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。
すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいくが。。。。

【先に苦手に感じた所】

・原題の”Intouchables”を最強のふたりと訳すのはどうかな~と思いました。最強ではないかな~最高かもしれないけど。

・ドリスが良くも悪くも下品すぎる!

【良かった点】

・障害者を障害者とも思わぬドリスの無遠慮さは痛快で、偽善も居心地の悪さも感じませんでした。
・二人がお互いの世界を認め合い、共鳴していく過程が素晴らしく、涙腺決壊。。
・Earth,Wind & Fireの曲が最高!
・実話をベースとする障害者と介護人の話なのにゲラゲラ笑えるコメディで、「お涙頂戴」的なアプローチをしないのに熱い感動で揺さぶる。脚本が秀逸です。

 

【評価点・つけるとしたら】

☆4つです!テンポも良くて見やすいだけでなく深い感動のある作品でした。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た
2016年06月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「幕が上がる」観ました♫

監督:本広克行監督 ・・踊る大捜査線シリーズの監督さんです。
主演:ももいろクローバーZ

原作は平田オリザの同名小説、未読です。
2015年の作品です。

【あらすじ】
地方都市の県立富士ケ丘高等学校2年生の高橋さおり(百田夏菜子)は、部長を務める演劇部最後の1年を迎えようとしていた。
それぞれに個性豊かな部員たちと共に年に1度の大会、地区大会突破を目標に稽古に励む中、元学生演劇の女王だという吉岡先生(黒木華)が赴任してくる。
吉岡の指導の下、全国大会出場を目指し彼女たちの演劇に打ちこむ日々が始まる。

【苦手に感じた点】
モノローグが長いし多い!映画なんでそのへんは映像でなんとかして欲しかったです。

【良かった点】
・ももクロのアイドル映画にあらず!しっかり演技していたし(平田オリザワークショップでしごかれたそうです)、作品とのバランスも取れていたように思います。
・黒木華やムロツヨシなど脇を固める俳優陣!見応えがありました。
・女子校設定が当たりだったと思います。男子成分がない分、演劇によりフォーカスがあたる設計。脚本・設定が上手いです。
・テーマはあくまでも「演劇の魅力」あるいはその中毒性です。学生時代まさしく演劇をしていたのでとても共感できました。
・経験者なら誰しも共感できる最高のラストシーン。エンディングテーマもももクロなんですが心にぐさりときました。

【評価点・つけるとしたら】

☆4つです。
まさに王道の青春映画!
本広克行監督、実は苦手・・・・だったんですが。これは良かったです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

最後にエンディングテーマも。最近はJoggingの時よく聞いています(^o^)ピッチが上がります♫

爽やかな気持ちになりたい時に。

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ