アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年06月05日

【観た/2022年29本目】映画「シン・ウルトラマン」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年29本目】映画「シン・ウルトラマン」観ました。

【あらすじ】
謎の巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」が次々に現れ、その存在が日常となった日本。
通常兵器が全く通用せず事態が長期化する中、政府は禍威獣対策の専従組織・通称「禍特対(カトクタイ)」を設立する。
田村君男(西島秀俊)を班長に、さまざまな分野のスペシャリストから成るメンバーが任務に当たる中、銀色の巨人が突如出現。
巨人対策のため、禍特対には分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)と組む。

1966年の放送開始以来親しまれている特撮ヒーロー「ウルトラマン」を、『シン・ゴジラ』などの庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を務め新たに映画化。
謎の巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」が現れ危機に直面した現代の日本を舞台に、未知の存在であるウルトラマンが出現した世界を描く。
主人公を斎藤工、彼の相棒を長澤まさみ、
禍威獣対策組織のメンバーを西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司が演じるほか、
山本耕史、嶋田久作らが出演する。

【感想】
ウルトラマン現役世代です!
当然、初代ウルトラマンはまさにヒーローの原体験でした。

さてさてストーリー。
これは、原作のキャラを活かしつつも、やはりそこは庵野&樋口コンビ、現代を設定にアップデート。
インフラ問題や官僚組織の硬直化、政治の安易さなどへのアイロニーをしっかり物語にインストール。
結果的に等身大の、心を持つ存在としてのウルトラマンを見事に描き出していたと思います。

演出、キャストも豪華絢爛。
西島さんを始め日本映画を代表する重鎮が惜しげもなく登場。
その中でもメフィラス星人:山本耕史は(すっかり話題になていますが)堂々の怪演。まさかのキャリアハイかも。

少し難点があるとすれば、
・序盤の五分、早すぎ。物理的に速いため目も耳も追いつかず、結果、理解も置いてきぼり。
・長澤まさみさんのアレ、いる?いらなくない??

です。

人間はこの地に満ち溢れ、まるで万能の王のように傲慢なのに弱く、壊れやすい。
それでも、なお、愛おしく、守りたい存在でもある。

思ったより大きな構図の映画、総じて大変楽しめました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ