アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年04月19日 の投稿
2022年04月19日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年20本目】映画「リスペクト」観ました。

【あらすじ】
子供のころから圧倒的な歌唱力で天才と称され、ショービズ界の華として喝采を浴びるアレサ・フランクリン(ジェニファー・ハドソン)。
しかし輝かしい活躍の裏では、尊敬する父(フォレスト・ウィテカー)や愛する夫(マーロン・ウェイアンズ)の束縛や裏切りに苦しんでいた。
ぎりぎりまで追い詰められた彼女は、全てを捨て自分の力で生きていこうと決断する。
やがてアレサの心の叫びを込めた歌声は世界を熱狂させ、彼女自身も自らへの“リスペクト”を取り戻す。

「ソウルの女王」と称されるアレサ・フランクリンの半生を描く伝記ドラマ。
世界的なスターへと上り詰め華やかな活躍を見せる一方、私生活では苦悩の多かった彼女の姿が描かれる。
監督はリーズル・トミー。
アレサをジェニファー・ハドソンが演じ、数々の名曲を熱唱する。
フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J・ブライジらが共演。

【感想】
「クイーン・オブ・ソウル」アレサ・フランクリンの半生をガツンと描ききった正統派伝記映画!

ストーリーは伝記なので彼女の半生を追うものではあるのですが、
無駄に脚色を入れたり、時系列をいじったりしていない、親切設計。
公民権運動、家族との関係、そして何より歌うこと=生きることへの情熱がしっかり伝わる構成でした。

演技、演出もしっかりきっちり。
ジェニファー・ハドソンの歌声も素晴らしく、音楽モノとして高水準だったと感じます。

強いて言えば、
歌のシーンはもうちょっと派手に、さらにはもっと多くの楽曲を聴きたかった。
また、家族、夫婦の葛藤はもっと抉っても良かった、とは思いました。

それにしても名曲の数々。
今聴いても、きっと10年後に聴いても心に響く、まさにソウルミュージック。
ラストシーン、本人の圧巻の歌声は生きることの意味、その素晴らしさを感じさせてくれるものだったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2022年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ