アルシオン通信

Alcyon Blog

2022年01月16日 の投稿
2022年01月16日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2022年3本目】映画「アメリカンユートピア」観ました。

【解説・あらすじ】

デヴィッド・バーンによるアルバム「アメリカン・ユートピア」が原案の舞台を映画化。
2019年秋よりブロードウェイで上演された舞台を再構築し、デヴィッド・バーンと11人のミュージシャンやダンサーたちが舞台に上がる。
スパイク・リーが監督を務め、デヴィッドと共に製作も手掛け、ラジオDJや音楽評論家などの肩書を持つピーター・バラカンが字幕監修を担当している。

元トーキング・ヘッズのメンバーで、現在はソロ活動をするデヴィッド・バーンが手掛けたアルバムを基にしたブロードウェイの舞台が評判を呼ぶ。
これを受けてデヴィッドは映画監督のスパイク・リーに映像化の話を持ち掛け、本作が完成する。
冒頭では、プラスティックの脳を手にしたデヴィッドが登場。人間の脳の進化や、現代社会が抱えるさまざまな問題について語り始める。

【感想】
え!たった107ふんだったの?
とてもそんなコンパクトだったとは思えない、この満足感、この上ない多幸感。
そして溢れ出る嫉妬の感情。。。
学生時代、それこそ演劇にかぶれ、溺れていた身、やりたかったことのすべて、本質の部分を抉られたのです。。

まず前フリですが、デヴィッド・バーンについての前情報無しで鑑賞に望んだので、
あのトーキンズヘッズのフロントマンであることに途中まで全く気づかず、楽曲も知らず。
それでも巧みな構成、歌とトークのバランスでグイグイ引っ張っていく、凄まじい推進力!

そしてデヴィットとその仲間たち、総勢11人の完璧な調和。
この調和の中から生まれてくる自由。
その自由の中から生まれてくる喜び。

演劇であり、映画であり、LIVE。
その本質、まさしく生きるを表現しきっている。

こんなことがやりたかった。
こんなことを見せてくれてありがとう。

いつか、本当に現場で観よう。
そして踊ろうと心に決めた、素晴らしい体験でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.4です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ