アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年01月21日 の投稿
2021年01月21日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年5本目】映画「コリーニ事件」観ました。

【解説・あらすじ】

ドイツの小説家フェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラーを映画化。
ある殺人事件の担当になった新米の弁護士が、自身の過去や国家の不祥事と向き合う。
『はじめてのおもてなし』などのエリアス・ムバレク、『イマジン』などのアレクサンドラ・マリア・ララのほか、
ハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロらが出演。
メガホンを取ったのは『クラバート 闇の魔法学校』などのマルコ・クロイツパイントナー。

ドイツで30年以上も模範的な市民として暮らしてきたイタリア人コリーニ(フランコ・ネロ)が経済界の大物実業家を殺害し、
新米弁護士のカスパー・ライネン(エリアス・ムバレク)が国選弁護人に任命される。
被害者はライネンの少年時代からの恩人で、コリーニは殺害の動機を語ろうとしなかった。
ライネンが事件を調べていくと、自身の過去やドイツ司法にまつわるスキャンダルが浮かび上がる。

【感想】
いわゆるナチスの非人道的行為とその後の処理に関するお話で、
お話の筋はそのジャンルムービーの域を出ないであろうとたかを括っていたのですが、、、。
この小説の発表によりドイツ政府が「法律そのもの」の瑕疵を認め、動いたという事実に圧倒されます。
硬質な法廷劇である本作で問われるのが人としての尊厳だったり、良心と法の折り合いだったりと、
まさしく他山の石だし、身に覚えがあるだろうし、ドイツだけの問題じゃなかろうし、ラストも本当に息苦しいし、、、。
過去を美化することは実に安易で、不都合な真実、戦争の負の歴史と向き合うのは本当に難しい。
あのドイツですらと思うと暗澹たる思いがしました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ