アルシオン通信

Alcyon Blog

2020年08月23日

【観た/2020年94本目】映画「1917 命をかけた伝令」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2020年94本目】映画「1917 命をかけた伝令」観ました。

【解説・あらすじ】

第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。
戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す。
メガホンを取るのは『アメリカン・ビューティー』などのサム・メンデス。
ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、ベネディクト・カンバーバッチらが出演する。
全編が一人の兵士の1日としてつながって見えることで、臨場感と緊張感が最後まで途切れない。

第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。
ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、
ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。
部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。

※以上yahoo映画より引用

感想:
ノーカット風長回しで戦場の一日を切り出す、というアイデアがまずすごかったです。
ただ、内容としてはそのアイデア一発勝負的なところがあり、
戦争映画としての深みがあるかといえばそれほどにも感じず、
また時々画質が変わるのが若干見づらく(わかりにくく)感じました。
とりあえず戦場にはいろんな役割の人がいて、撤退戦は難易度が高いことは理解できました。
惜しむらくはもっと大きな、もっと良い音響で観たかったです。
我が家のミニシアターでは少し物足りなく感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。映画館で観るべきでした。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ