アルシオン通信

Alcyon Blog

2020年04月24日

【観た/2020年45本目】映画「シークレット・スーパースター」観ました。**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2020年45本目】映画「シークレット・スーパースター」観ました。

解説・あらすじ:
『きっと、うまくいく』などのアーミル・カーンが製作・出演したドラマ。
YouTuberの少女が、音楽プロデューサーと組んで夢に向かって突き進む。
メガホンを取るのは、アーミルの元マネージャーで本作が監督デビュー作となったアドヴェイト・チャンダン。
『ダンガル きっと、つよくなる』でアーミルがふんした父親の娘を演じたザイラー・ワシームをはじめ、メヘル・ヴィジュらが共演した。

インド最大の音楽賞のステージで歌うことを目指す14歳の少女、インシア(ザイラー・ワシーム)。
しかし彼女の父はそんな夢がかなうわけがないと、彼女が歌うことを禁じる。
それでも諦められないインシアは、顔を隠して歌っている姿を撮った動画をひそかにYouTubeにアップロードする。
その歌声は、瞬く間に人々の心をつかむ。
そして彼女は、落ち目のプロデューサーであるシャクティ・クマール(アーミル・カーン)と出会う。

感想:
いい映画でした!!
ストーリーはインド社会に現存する因習、宗教や習慣をかなり踏み込んで抉っています。
笑いもダンスもあるのですが、社会への批評精神は圧巻でした。。
きっと観衆のリテラシーへの信頼、高い受容性への期待が根底にあるのだと思います。
これは正直、より狭く、より先鋭化する世の中で、妬ましいほどに感じるものでした。
ラストシーンへ向けて、更には教育問題やジェンダー、家族制度にも深く切り込んでいます。
思った通りのラストシーンなのですが、そりゃ泣くでしょ、、。
自己の社会性や感受性、他者を受け入れる受容性などを試される、リトマス試験紙のような映画だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.2です!観といたほうが良いです!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン

by alcyon | 映画観た
Tag :

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ