アルシオン通信

Alcyon Blog

2019年07月10日 の投稿
2019年07月10日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2019年66本目】映画「女王陛下のお気に入り」観ました。

解説・あらすじ:
『ロブスター』などのヨルゴス・ランティモスが監督を務めた、18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ。
病気がちな女王と幼なじみ、新入りの召使いの思惑が絡み合う。
ドラマ「ナイト・マネジャー」などのオリヴィア・コールマンが主演を務める。
共演は『ナイロビの蜂』などのレイチェル・ワイズ、『ラ・ラ・ランド』などのエマ・ストーン、
『X-MEN』シリーズなどのニコラス・ホルトら。

18世紀初頭のイングランドの人々は、パイナップルを食べることとアヒルレースに夢中になっていた。
体の弱いアン女王(オリヴィア・コールマン)の身の回りの世話をする幼なじみのレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が、権力を掌握していた。
ある日、宮中に新入りの召使いアビゲイル(エマ・ストーン)がやって来る。

感想:
ヨルゴス・ラアンティモス節炸裂!!!
前作「聖なる鹿殺し」同様、劇伴の禍々しさ、超広角やスローモーションを多用した撮影のいびつさは相変わらず。(>褒めてます。)
コスチュームも独特で、ちょっとパンクの香り。
お酒によったような、船酔いになったような、不思議なトリップ感の作風は好き嫌いがありそうですが、
そこを乗り越えると、これもまた相変わらずの「俳優陣による演技合戦」にのめり込むことができます。
ドロッドロの人物描写は何処までが脚本で何処からが役者に委ねられているのかわからない、、、。
描写の細かさ、深さも十二分に楽しめました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。
とはいえ、この作風、観るもののコンディションを問うのでいつでもおすすめではないかと思います。
体力・気力、ともに調子の良い日に観ましょう!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ