アルシオン通信

Alcyon Blog

2021年08月20日 の投稿
2021年08月20日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2021年79本目】映画「世界で一番しあわせな食堂」観ました。

【解説・あらすじ】

ミカ・カウリスマキ監督が、異なる国や文化を持つ者同士が料理を通して打ち解け合う姿を描くヒューマンドラマ。
中国から恩人を捜しにフィンランドの田舎町にやってきた料理人が、料理を振る舞い、食堂を経営する女性や常連客と親しくなっていく。
出演は、アンナ=マイヤ・トゥオッコ、カリ・ヴァーナネンなど。

フィンランド北部の田舎に中国・上海からやってきた料理人のチェンとその息子。
彼らは恩人を捜してフィンランドまで来たのだった。
しかし恩人を知る者はなく、食堂を営むシルカはチェンがそこで働くことと引き換えに恩人探しに協力することを約束。
人々は見慣れない料理に戸惑うが、口にしてみるとそのおいしさを認め、食堂は評判に。
常連客とも仲良くなっていくチェンだったが、帰国の日が刻一刻と迫ってくる。

【感想】
ひたすらに美しいフィンランドの情景に、人々の心が溶け込んでいく。
まさに滋味深いスープを飲んだ、食べた後のようなしみじみした作品でした。

ストーリー的にはまあ、そのまんま。
意表を突くようなことも大きな事件も起きず、普通の日々がやってきて、そして過ぎてゆくだけ。
無理にしあわせを定義つけようとせず、無理に不幸を嘆こうともせず、
ちょっと凸凹なぐらいの道を自転車ぐらいのスピードで進んでいく。
情景の捉え方、自然と心象の重ね方なんかもさり気なく。
ああ、丁度いいというのはこういうことなのだなと感じさせてくれる映画でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2021年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ