公式サイト予約割引 ベストレート保証

アルシオン通信

Alcyon Blog

2024年02月01日 の投稿
2024年02月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た/2024年05本目】映画「ヤジと民主主義」観ました。

安倍晋三元首相の遊説中、警察官が政権批判の声を上げた市民を取り囲み、移動させた問題を追ったドキュメンタリー。
この問題をおよそ4年にわたって追いかけ、その後書籍化もされたHBC北海道放送報道部の2020年のドキュメンタリー番組に、
当事者らへの追加取材を行い劇場拡大版として公開する。山崎裕侍が監督などを手掛け、作家の落合恵子が語りを担当する。

2019年7月15日、当時首相だった安倍晋三氏の街頭演説中にヤジが飛び、政権批判の声を上げた男性を数名の警察官が取り囲んでその場から移動させた。
同じころ、増税反対を訴えた女性も警察官に取り囲まれ、引きずられるようにして移動させられる。
その後、市民2人が北海道を相手取り慰謝料などを求める裁判を起こす。

【感想】
これは破格の興味深さ!民主主義の源流、その分水嶺を探しだす、貴重な映像体験!

まず構成。
実際に起きた2019年の「事件」から本日に至るまでの「映像的事実」。
よく残っていたな、、よく撮っていたなということだけでも賞賛に値します。
時系列をしっかり追いつつ、登場人物の核に迫るアプローチも完全に成功。
観客の理解しやすさを十二分に考慮しつつ、事の重大さを置き去りにしない、バランスも見事でした。

そして演出というか撮影意図。
まず、「ヤジ」がなぜ民主主義に必要不可欠なのか、からブレない。
バランスをとっていわゆる体制側の立場も入れ込むとか、そういうバランス感覚の発露=忖度なし。
この鮮明さは実に潔し。
主に語られる二人の人物への接し方も中途半端さがない。
人物背景の書き込みもある意味容赦ない。
潔さと容赦なさがこの事件の意味に深みと広さをもたらす。
制作陣の覚悟を感じる作りでした。

さて。
公共の安全と表現の自由は両立しないのか、は大きな問題。
僕は確実に両立すると思っていますし、過去の例を見ても明らかに感じます。
道警のやり口はいかにも杜撰。
これは十分反省していただきたいところですが、プライドが邪魔をする様は見にくいとしか言い様がない。。

また、
表現の自由、発言の自由、ひいてはヤジの意味、デモ権はまさに権力に対して発動するものだということを僕らは知らなさすぎるということも痛感。
ここは権力の暴走を止める最前線にして最終防衛ラインであることにも自覚が足りなかったように自戒します。
三権を監視する第四の権力、マスコミの役割を果たしきったHBC、本来あるべき姿を見せてくれた二人の市民には心から感謝したいと思います。

【評価・つけるとすれば】
4.3です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です

もちろん「オススメ☆」です♪
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ