アルシオン通信

Alcyon Blog

2018年09月12日 の投稿
2018年09月12日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 」観ました。

解説・あらすじ:
大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックという二人のアカデミー賞受賞俳優の共演で映画化。
『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』の名匠、スティーヴン・ダルドリーが監督を務める。
鍵穴探しの旅で父の死を乗り越え、力強く成長する少年には、映画初出演のトーマス・ホーンを抜擢。
ダルドリー監督の繊細な演出と俳優陣の演技が感動を呼ぶ。

911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。
ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。
その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

感想:
【2018年71本目です】
911の映画は怖くて、辛くて、避けてきたんですけど、
HULUでもうすぐ放映終了、折しも9月、あとはもう見るチャンスないなということで意を決して鑑賞。
印象に残るシーン、台詞が多く、誰もが遺された人で、その眼差しはとても優しく。
痛みを分かち合う姿、空虚を埋めるのは希望だけではないなど、思い当たる心情を丁寧に紡ぐ監督の手腕、俳優陣の静かな熱演には心を大きく揺さぶられました。
この長くて難しい邦題も今回は意味がわかった瞬間、涙腺決壊、ピタッとハマったと思います。
久々に「喉が渇くほど泣き」ました!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.6です!ライフタイムベスト級の名作に出会えました!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン 宿泊プラン一覧
伊東のホテル|伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオン
by alcyon | 映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

人気の記事

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ