ご予約
アルシオン通信
伊豆 タグへの投稿
2019年01月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た/2019年2本目】映画「ウインドリバー」観ました。

解説・あらすじ:
『最後の追跡』などの脚本を手掛けてきたテイラー・シェリダンが監督と脚本を務めたサスペンス。
ある事件を調べる女性FBI捜査官と地元のハンターが、思わぬ真相にたどり着く。
『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー・レナー、『マーサ、あるいはマーシー・メイ』などのエリザベス・オルセン、
『スウィート・ヘル』などのジョン・バーンサルらが出演。
『最後の追跡』で音楽を担当したニック・ケイヴ、ウォーレン・エリスが本作でも組んでいる。

アメリカ、ワイオミング州。
先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、
地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。
FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、
1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。
ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

感想:
脚本が素晴らしかったです!
入念なディテールの描写に性犯罪への怒りをこめたこのクライム・ミステリーなんですが、
時代の流れからも社会の関心からも置き去りにされた先住民保留地の悲惨な現実(アメリカ最大の失政と呼ばれています)を
見事なまでに、そして執拗にあぶり出しています。
キャラクター描写も力強く、ジェーンの成長譚としても、ランバートの悲しみの物語としても見応え充分。
また、活劇としての緩急も素晴らしく、ラスト10分ぐらいのガンアクションなんかは本当に釘付けでした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です。いい映画見た!って感じです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年01月08日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た/2019年1本目】映画「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー 」観ました。

解説・あらすじ:
娘が母親の元彼たちを結婚式に招待したことで巻き起こる騒動を描いた『マンマ・ミーア!』の続編。
前作のその後と母親が娘の父親候補と出会った青春時代を交錯させながら描く。
メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライドら前作のキャストのほか、
新たに『シンデレラ』などのリリー・ジェームズ、
『戦火の馬』などのジェレミー・アーヴァイン、オスカー女優のシェールらが参加。
『17歳のエンディングノート』などのオル・パーカーが監督を務めた。

ギリシャのカロカイリ島で母のドナ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルを完成させたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、
オープニングパーティーの準備に奔走していた。
一方ニューヨークでホテル経営を学ぶ夫のスカイ(ドミニク・クーパー)に就職話が持ち上がり、
母との夢にこだわるソフィとスカイがぎくしゃくしているとき、ソフィが妊娠していることがわかる。

感想:
新年1本目、とびきりハッピーな映画でした。
若い頃のダイナモスや父親3人のイメージの合わせ方、似せ方というか、雰囲気が秀逸で、手堅いつくり。
ストーリーは過去と現在を交差させるあれなんでワンパターンといえばワンパターンなんですけど、
構成がしっかりしていて気になりませんでした。
なによりやっぱりABBAの歌が素晴らしい!
特に「ダンシングクイーン」のシーンはグッと来るものが有りました。
さらには豪華なエンディング、必見だと思います。

【評価点・つけるとしたら】
星3.9です。
とはいえドナの奔放ぶりにはすこしヒキました(親目線)のでマイナス0.1です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2019年01月06日

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
新年あけましておめでとうございます
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


旧年中はおせわになりました。

2019年も
走って!走って!!走って!!!
元気いっぱい頑張っていきたいと思います。

今後とも皆様との絆を大切に日々過ごしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

伊豆高原は冬空がとても美しい季節になりました。
これから日に日に桜の花咲く春に向かって行きます。

機会がございましたら、ぜひ伊豆に足をお延ばしくださいませ。

アルシオン オーナー 松本和久 & マダム 和美

オーナー&マダム

2018年12月27日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画・2018年鑑賞まとめです。

2018年1月・・・・・8本

舟を編む
20センチュリーウーマン
あゝ荒野 前篇
あゝ荒野 後編
ワンダーウーマン
夜空はいつも最高密度の青空だ
マンチェスター・バイ・ザ・シー
君の膵臓をたべたい

2018年2月・・・・・4本

美しい星
ベイビー・ドライバー
われは神なり
WE ARE X

2018年3月・・・・・16本

ダンケルク
彼女の人生は間違いじゃない
心が叫びたがってるんだ
ありがとうトニ・エルドマン
三度目の殺人
パターソン
奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
ドリーム
フェリシーと夢のトゥーシューズ
グレイテストショーマン
スリービルボード
羊の木
勝手にふるえてろ
すばらしき映画音楽たち
哀しき獣
ブルーハーツが聴こえる

2018年4月・・・・・5本

坂道のアポロン
ちはやふる 結び
バーフバリ 伝説誕生
ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
聖杯たちの騎士

2018年5月・・・・・11本

彼女がその名を知らない鳥たち
ザ・ダンサー
あなた、そこにいてくれますか
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
ヒミズ
ボンボヤージュ 家族旅行は大暴走
キングスマン ゴールデンサークル
バーフバリ2 王の凱旋
ボリーナ、私を踊る
新世紀、パリ、オペラ座
全員死刑

2018年6月・・・・・3本

パーティーで女の子に話しかけるには
散歩する侵略者
幸せな人生の選択

2018年7月・・・・・9本

ワンダー 君は太陽
はじまりのボーイミーツガール
シェイプオブウォーター
リメンバーミー
ギフテッド
KUBO 二本の弦のの秘密
ダンシングヴェートーベン
探偵はBARにいる 3
人生はシネマティック

2018年8月・・・・・4本

あしたは最高のはじまり
52Hzのラブソング
聖なる鹿殺し
リバーズ・エッジ

2018年9月・・・・・13本

ビックシック 僕たちの大いなる目覚め
さよなら僕のマンハッタン
娼年
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
15時17分、パリ行き
カメラを止めるな!
ペンギンハイウェイ
ビジランテ
犬ヶ島
去年の冬、君と別れ
犬猿
女神の見えざる手
恋におちたシェイクスピア

2018年10月・・・・・9本

さよなら、ぼくのモンスター
ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密
春の夢
ダンガル きっと、強くなる
ゲティ家の身代金
友罪
君の名前で僕を呼んで
フロリダプロジェクト
デットプール2

2018年11月・・・・・13本

クーリンチェ少年殺人事件
どうしようもない恋の唄
サヨナラの朝に約束の花をかざろう
ボヘミアン・ラプソディ
孤狼の血
若葉のころ
あの頃、君を追いかけた
ビニー/信じる男
アウトレイジ最終章
アウトレイジビヨンド
アイスと雨音
ブルーバレンタイン
アウトレイジ

2018年12月・・・・・12本

焼肉ドラゴン
ミスターロン
天命の城
羊と鋼の森
ビューティフルデイ
blank 13
レディ・バード
オーシャンズ8
恋は雨上がりのように
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
リズと青い鳥
アリー/スター誕生!

BLOGにアップしたのは以上107本でした。ん、一本足りない、なんだろう?
今年は慎重に選んで鑑賞しましたので、あからさまなハズレは1本ぐらいです、、。

【2018年の特選10本】
もちろん全部おすすめ(※1本除く)なんですが、強いて言うならこの10本。

『あの頃君を追いかけた』
『勝手にふるえてろ』
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
『カメラを止めるな!』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『天命の城』
『ワンダー 君は太陽』
『ビックシック 僕たちの大いなる目覚め』
『坂道のアポロン』
『ダンガル きっと、強くなる』

番外で

『アイスと雨音』
『リズと青い鳥』

を選んでおきたいと思います。
結局10本には絞れませんでした、、、。

来年も楽しみです(^o^)

もちろん全作品、「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年12月26日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「アリー/スター誕生」観ました。

解説・あらすじ:
『アメリカン・スナイパー』などのブラッドリー・クーパーが監督と製作を担当し、数々のヒット曲で知られるアーティストのレディー・ガガが主演を務めたドラマ。
スター歌手に才能を見いだされた女性が、スターダムへと上り詰める姿が描かれる。
ブラッドリーはスター歌手役で出演もこなしており、劇中でガガと共に歌声を聞かせる。

昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリー(レディー・ガガ)は、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。
ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)から歌を高く評価される。
アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、
ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく。

感想:
【2018年108本目です】
過去何度もリメイクされ、またストーリー自体はよくある感じの映画なのですが、
とてもリアリティのある仕上がりだったと思います。
ブラッドリー・クーパーの歌声にはびっくりさせられましたし、
レディ・ガガの演技には目を見張りました。
アリーがルーツミュージックのシンガーからポップアイコンに変貌していく様や、
ジャクソンが声を失っていく過程の説得力は、監督としてのクーパーの確かな手腕を感じました。
劇中の曲も多彩かつ芳醇。
最後はガガの歌唱力に圧倒される、実に計算されつくされた映画だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。
いい映画なんですが、、、、
ストーリーにちょっとだけ合点がいかないので、少しだけ減点です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(1)映画観た
2018年12月25日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「リズと青い鳥」観ました。

解説・あらすじ:
『映画 「聲の形」』などの山田尚子が監督を務め、武田綾乃の青春小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏学部、波乱の第二楽章」をアニメーション化。
高校最後の年を迎えた2人の少女が過ごす日々を映し出す。
山田監督作『けいおん』シリーズや『映画 「聲の形」』でも組んだ吉田玲子が脚本を、
テレビアニメ「氷菓」や『Free!』シリーズなどを手掛けてきた京都アニメーションが、アニメーション制作を担当。

北宇治高等学校吹奏楽部所属の鎧塚みぞれと傘木希美は、それぞれオーボエとフルートを担当する親友同士。
高校3年生の二人にとって最後の出場となるコンクールで選ばれた自由曲「リズと青い鳥」には、オーボエとフルート掛け合いのソロパートがあった。
希美はその曲が自分たちのようだと無邪気に話していたが、、、。

感想:
【2018年107本目です】
なんて瑞々しい!
女子校の青春は、男子校育ち、もはやおっさんのぼくには最も遠い存在なのですが、
それでも「伝わる」のは監督の細やかで静かな演出が冴え渡っていたからだと思います!
進路や部活、友情で悩む彼女たちの姿には、若き頃の思い出が相似形で重なり合い、
葛藤を懐かしむ、愛おしい気持ちがこみ上げてきました。
特に友情という関係性へのアプローチ、
ときに強く「結ぶ」だけでなく、「解きほどく」ことの大切さを語る手腕は、本当にお見事。
とても良い映画を見た!とかんじました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です!
心が疲れてるときなんかに観ると最高に沁みるサプリメントムービーです!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年12月17日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「焼肉ドラゴン」観ました。

解説・あらすじ:
『愛を乞うひと』などの脚本家としても知られる鄭義信が、数々の演劇賞に輝いた自身の舞台を映画化。
1970年を舞台に、関西で小さな焼肉店を営む一家が、たくましく生きる姿を描く。
3姉妹に『さよなら渓谷』などの真木よう子、『八日目の蝉』などの井上真央、『最後の忠臣蔵』などの桜庭ななみ、
長女の幼なじみに『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋、父親に『隻眼の虎』などのキム・サンホ、母親にイ・ジョンウンがふんする。

日本万国博覧会が開催された高度経済成長期の1970年、関西地方で焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む龍吉(キム・サンホ)と
妻・英順(イ・ジョンウン)は、娘3人と息子と共に暮らしていた。
戦争で故郷と左腕を奪われながらも、前向きで人情味あふれる龍吉の周りには常に人が集まってくる。

感想:
【2018年106本目です】

ちょうどぼくが生まれた頃の話。
友人にも半島系のひとがいて、やっぱり焼肉屋さんで、
でもなぜ同じ街に住んでいるかは幼心にはわからずにいましたが、
今は、わかる。
ただし、それは知識にしか過ぎなくて、もやもやした気持ちを抱えながら鑑賞しました。


映画自体はそれほどイデオロギーや政治のあや、複雑すぎる時代背景に踏み込みすぎることもなく、

あくまでもあの時代に生きた、こんな家族があったんだという、優しい目線で語られていきます。
同じような境遇の人がおそらくは世界中にいて、
ぐっと歯を食いしばって前を向いているのだろうと広げて考えてみたり、
三姉妹の行く末を深読みしてみたり。

現代でも解決していない、考えなきゃいけないテーマがあったように感じます。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5です。
良い題材、お話なのですが、演劇ベースのせいかすこしセリフ廻しが聞きにくいのが残念でした。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年12月14日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ミスターロン」観ました。

解説・あらすじ:
第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されたバイオレンスムービー。
暗殺に失敗して逃走する殺し屋が、身を潜める田舎町で、ある母子と心を通わせる。
メガホンを取るのは、俳優としても活躍している『天の茶助』などのSABU。
『黒衣の刺客』などのチャン・チェン、『たたら侍』などの青柳翔のほか、イレブン・ヤオ、バイ・ルンインらが出演している。

台湾人の殺し屋でナイフを駆使するロン(チャン・チェン)は、六本木にいる台湾マフィアの暗殺を引き受けるが失敗に終わる。
北関東の田舎町に流れ着いた彼は、ジュン(バイ・ルンイン)という少年とその母親で台湾人のリリー(イレブン・ヤオ)と出会う。
彼は、日本語のわからない自分の面倒を見てくれる住民たちの優しさに触れながら、牛肉麺の屋台で働くようになる。
屋台には多くの客が集まるが、追手が迫っており、、、。

感想:
【2018年105本目です】
「なぜ、こうなる」、名台詞でした!
はじめはノワール感たっぷりのアジア映画かなと思ったのですが、、、。
実際には人情味あふれる、切なく、悲しく、面白く、最後には愛おしさを感じる作品でした。
主演のチャン・チェンの(めっちゃイケメン)殆ど喋らず表情だけで演じ分けていく様や、
子役の男の子のラストシーンを観るだけでも価値のある作品だったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!良い映画だったと思います(^o^)

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(1)映画観た
2018年12月13日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
kazu_R

【観た】映画「天命の城」観ました。

解説・あらすじ:
『エターナル』などのイ・ビョンホンと『あなた、そこにいてくれますか』などのキム・ユンソクを主演に迎えた歴史ドラマ。
明の衰退により勢力を増した清が朝鮮に触手を伸ばした「丙子の役」を題材に、国の存亡を懸けた戦いを映す。
朝鮮国王を『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』などのパク・ヘイルが好演。
『トガニ 幼き瞳の告発』などのファン・ドンヒョクが監督を務め、
『レヴェナント:蘇えりし者』などの坂本龍一が音楽を担当している。

1636年、清が朝鮮に入り込み、首都漢陽を逃れた朝鮮国王仁祖(パク・ヘイル)たちは、敵軍に完全に包囲されてしまう。
厳冬の中、八方塞がりの状況で大臣の意見は真っ二つに分かれ、
吏曹大臣チェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)は和平交渉を望み 、礼曹大臣キム・サンホン(キム・ユンソク)は徹底抗戦を主張する。

感想:
【2018年104本目です】
豪華キャスト、制作陣による、骨太の大作でした!
合戦ものかと思いきや、いやいや、生と死の有り様を深く問う哲学作品。
絶対的な正解のない現実を前に二人の忠臣が真っ向対立するのですが、
意見の違いこそすらあれけして憎しみ合わず。
国とは、王とは、そして民とはを考え抜いてゆく、
思索の連続のなかで苦しむ二人にはどちらにも共感できるところがありました。

また、保身に走り右往左往する役人の有様や、主戦派が多数化し、先鋭化していく様子は
まさに「他山の石」。
いったい、いつの時代の、誰の、どこの国の話だ、
その後400年あまりでどれだけの命が失われたのか、人類は同じ過ちを繰り返すのか、
これからもそうなのか、、と戦争の普遍性を強く語りかけてくるものがありました。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です。史実ですので結論ありきな感じはしますが、一見の価値ある映画でした。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年12月11日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「羊と鋼の森」観ました。

解説・あらすじ:
第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の小説を実写映画化。
ピアノ調律に魅入られた一人の青年が調律師を志し、さまざまな人々との交流や、挫折を経験しながら成長していくさまを描く。
主人公・外村を『四月は君の嘘』などの山崎賢人、
外村の人生に大きく関わる調律師・板鳥をテレビドラマ「就活家族 ~きっと、うまくいく~」などの三浦友和が演じる。
『orange-オレンジ-』で山崎と組んだ橋本光二郎がメガホンを取り、『高台家の人々』などの金子ありさが脚本を担当。

北海道育ちの外村直樹(山崎賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会い、
板鳥の調律したピアノの音色がきっかけで調律師を目指すことに。
やがて板鳥のいる楽器店で調律師として働き始め、先輩に同行した仕事先で高校生の姉妹ピアニスト和音と由仁に出会う。

感想:
【2018年103本目です】
とても世界観のある、良い映画だったと思います。
キャストの皆さんの演技がとても自然で、人間味に溢れた感じで、その分「音」に感じ入ることができました。
ストーリーは、「仕事とはどうあるべきなのか」という主人公の葛藤を軸に展開していくのですが、
個人的にはやはり家族がいかに将来ある青年の夢を紡いでいくのかという点に心震えるものがありました。
上白石姉妹の演じ分けもおみごと!
雪の降る、白い街の静謐と街に響くピアノの音が美しい作品でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.7です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。