ご予約
アルシオン通信
HOMEアルシオン通信TOP > 2017年12月
2017年12月 の投稿
2017年12月21日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】備忘録です・2017年鑑賞映画・DVD一覧です。

1月・・6本

鬼灯さん家のアネキ
山河ノスタルジア
ウォール・フラワー
ムーンライズ・キングダム
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years
サニー 永遠の仲間たち

2月・・8本

グランド・イリュージョン 見破られたトリック
あなた、その川を渡らないで
沈黙-サイレンス-
モテキ
この世界の片隅に
葛城事件
僕らのごはんは明日で待ってる
シング・ストリート 未来へのうた

3月 ・・2本

ハートビート
ルドルフとイッパイアッテナ

4月・・14本

怒り
帰ってきたヒトラー
日本で一番悪い奴ら
ジャニス:リトル・ガール・ブルー
pk
ボーイズ・オン・ザ・ラン
ヘイル・シーザー
ヤング・アダルト ニューヨーク
オーバーフェンス
ハドソン川の奇跡
はじまりはヒップホップ
ストリート・オーケストラ
ラ・ラ・ランド
オアシス:スーパーソニック

5月・・15本

マダム・イン・ニューヨーク
6歳の僕が大人になるまで
イエスタデイ
闇金ウシジマくん Part3
闇金ウシジマくんTHE FINAL
リリーのすべて
歌声にのった少年
私たちのハァハァ
聲の形
美女と野獣
もらとりあむタマ子
永い言い訳
マネー・ショート 華麗なる大逆転
淵に立つ
グッバイ、サマー

6月・・5本

ちょっと今から仕事やめてくる
ぼくとアールと彼女のさようなら
オデッセイ
AMY(エイミー)
SCOOP!

7月・・6本

お嬢さん
哭声/コクソン
超高速参勤交代リターンズ
われらが背きし者
Mr.&Mrs. スパイ
アズミハルコは行方不明

8月・・2本

新宿スワン
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

9月・・15本

T2 トレインスポッティング
トレインスポッティング
ひるね姫 ~知らないワタシの物語~
ムーンライト
裏切りの街
僕と世界の方程式
ハングオーバー!!
スウィート17モンスター
ナイスガイズ!
ゴースト・イン・ザ・シェル
愚行録
破門 ふたりのヤクビョーガミ
メンインキャット
シング
探偵はBARにいる2

10月・・13本

はじまりへの旅
3月のライオン 前編
3月のライオン 後編
メッセージ
LION/ライオン ~25年目のただいま~
The NET 網に囚われた男
リライフ
世界で一番のいちごみるくの作り方
雨に揺れる女
ストレイト・アウタ・コンプトン
新宿スワン2
サイドウェイ
22年目の告白-私が殺人犯です-

12月・・4本

ヘブンズストーリー
人生タクシー
過激派オペラ
ブレードランナー2049

以上90本でした!

全部おすすめなんですが、
とりわけ
ウォール・フラワー
サニー、
あなた、その川を渡らないで
沈黙、
聲の形
pk
LION/ライオン ~25年目のただいま~
僕と世界の方程式
はじまりへの旅 
スウィート17モンスター

 

といったところは今年のベストテン。
心に深く突き刺さりました!

 

90本すべて
もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年12月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ヘブンズストーリー」観ました。

あらすじ・解説:
『感染列島』などの鬼才、瀬々敬久監督が、平凡な人々の日常に突然襲い掛かる殺人をテーマに描く復讐と再生のドラマ。
ある殺人事件をきっかけに絡み合い、つながり合っていく20人を超える登場人物たちの全9章からなる物語を丁寧につづる。
出演者も、『笑う警官』の忍成修吾や『かずら』の長谷川朝晴、『必死剣 鳥刺し』の村上淳をはじめ、佐藤浩市、柄本明、吹越満ら豪華な顔ぶれがそろう。
4時間を超える力作で、彼らが一丸となって見せる繊細かつ迫真の演技が光る。

8歳のサト(本多叶奈)が友達と海で遊んでいると、近所のおばさん(渡辺真起子)が慌てて車で彼女を迎えに来る。
サトの両親と姉がトラブルに巻き込まれて殺害されたため、彼女はひとり暮らしの祖父(柄本明)に引き取られることになったのだ。
同じころ、トモキ(長谷川朝晴)は見知らぬ少年(忍成修吾)に妻と幼い娘を殺される。

感想:
殺人と復讐と贖罪。その3つが異常に絡み合った力作でした。
ただ、最初から最後までリアリティが薄く、その分納得感も、感情の揺さぶられ感も中途半端な感じがしました。
やっぱり4時間半は長かった、せめて2時間半なら濃密な時間にな会ったのにと感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.0です。とはいえ、観ておいたほうが良い怪作だとは思います。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年12月07日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【読んだ】「ルビンの壺が割れた」読みました。

あらすじ:
「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相手は、かつての恋人。
SNSでの邂逅から始まったぎこちないやりとりは、徐々に変容を見せ始め……。ジェットコースターのように先の読めない展開、その先に待ち受ける驚愕のラスト。
前代未聞の面白さで話題沸騰、覆面作家によるデビュー作!

IMG_2628

感想:
これも一気読みです。スラスラ読めます。
ネタバレ厳禁のエンタメ小説なので、あまり論評できないのですが、、。
僕的には初期設定の「大学の演劇部」の風景が、懐かしく、またほろ苦く感じました。
FB、SNSの怖さも表現うまいな~。
後半の伏線回収にはちょっと強引過ぎるとも感じましたが、楽しい2時間(読書時間)でした(^o^)

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)読んだ
2017年12月06日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【読んだ】「ボクたちはみんな大人になれなかった」読みました

あらすじ:ある朝の満員電車。昔フラれた大好きだった彼女に、間違えてフェイスブックの「友達申請」を送ってしまったボク。43歳独身の、混沌とした1日が始まった――。

IMG_2629

感想:
一気読みしました。
短文を連ねる、とっても歯切れのよい、そしてエモーショナルな文章。
40代もついに半ばを過ぎた僕にも、すこし過去らしきものが醸成されていて、
「頑張って生きてきた」「これからも頑張って生きていく」
ことを感じさせてくれる作品でした。
最後の章、「バック・トゥ・ザ・ノーヒューチャー」は忘れ得ぬタイトルになりました!

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)読んだ
2017年12月05日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【読んだ】「君の膵臓を食べたい」読みました。

あらすじ:
「君の膵臓をたべたい」…主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。
それは「僕」のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。
「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は恋人や友人を必要としない僕が初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれたことにより「初めて私自身として必要されている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

IMG_2627

感想:
よくありがちな難病モノとは一線を画す、とっても素敵な作品でした。
サクラを通して、少しづつ成長していく「僕」に強い共感を覚えました。
伏線の回収には若干不満を感じましたが、ラストの一行で涙腺決壊、、、、。
ボロ泣きでした、、、。
ジュブナイル小説として素晴らしい出来栄えだと思います!
映画の評判も良かったらしいので、DVDも楽しみです。

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)読んだ
2017年12月04日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「夜は短し歩けよ乙女」観ました。

解説・あらすじ:
第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。
京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。
主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。
監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。
春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。
さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれていく。

感想:
もともとアニメ「四畳半神話大系」のファンで、とっても楽しみにしていた今作。
ぶっ飛んだ作画、練られた脚本、エンディングのアジカンと文句なしです。
何より「ナカメ作戦」、記憶にあるなあ、みんなそうだったよね、、、。
娯楽作というよりは芸術作のような感じもしますが十分満足できました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5 です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年12月03日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「人生タクシー 」観ました。

解説・あらすじ:
カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭での受賞経験を持つ名匠ジャファル・パナヒ監督によるユニークな人生賛歌。
イラン政府への反体制的な行動によって、映画制作を禁じられたパナヒ監督自らタクシーの運転手にふんし、車内に設置したカメラで客たちの様子を撮影。
監督と乗客の会話を通じ、情報が統制されているテヘランに暮らす人々の人生模様を映し出し、第65回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。

ジャファル・パナヒ監督が運転するタクシーに、さまざまな境遇の客たちが乗り込んでくる。
死刑制度について議論する教師と路上強盗、監督志望の大学生、金魚鉢を抱えた2人の老人など、個性豊かな乗客たち。
彼らと監督との対話から、テヘランに生きる市井の人々の人生模様や、リアルなイラン社会が浮かび上がってくる。

感想:
とても軽妙な、ドキュメンタリータッチの映画なんですが、
イラン社会、政治へのアンチテーゼがベースになっていて、とても考えさせられる奥深さがありました。
特に、姪っ子の宿題、国内で上映可能な短編映画をとる、と言ったエピソードは監督の皮肉がたっぷり詰まっていて
国内で上映禁止である自分の作品を見事に説明しきっていて痛快でもありました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年12月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「過激派オペラ」観ました。

解説・あらすじ:
劇団「毛皮族」を設立した江本純子が初メガホンを取り、自身の自伝的小説「股間」を基につづる赤裸々な恋愛ドラマ。
新進気鋭の劇団を舞台に、女たらしの女性演出家と関係を持つことになる9人の女性たちをめぐるディープな愛憎劇を映し出す。
『スリリングな日常』などの早織と『ねこにみかん』などの中村有沙が主演を務め、大胆なベッドシーンに臨んだ。
女性同士の恋愛や、演劇に情熱を注ぐ若者たちの喜怒哀楽が目に焼き付く。

演出家の重信ナオコ(早織)は劇団“毛布教”を主宰し、初上演作「過激派オペラ」の出演者のオーディションを始める。
ナオコはオーディションを受けにやって来た岡高春(中村有沙)に一瞬で心奪われ、彼女を主演に起用して舞台稽古に励む。
やがてナオコの全力のアタックが功を奏し、春との恋も実るのだが、、、。

感想:
激しすぎるベットシーンが確かに印象的な作品なんですが、、。
舞台稽古の熱気や感情表現、演劇が私生活に染み出していく様子はちょっと懐かしくもあり、とても好感をもって観ることができました。
映画的にはとてもリズムよく、カット割りなんかも工夫されていたと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3つです。監督には次回作も期待です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年12月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ブレードランナー2049」観ました。

解説・あらすじ:
SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。
前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。
新旧のブレードランナーを『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴズリングと、前作から続投のハリソン・フォードが熱演。
『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取り、前作の監督を務めたリドリー・スコットが製作総指揮に名を連ねている。

2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。
2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。
そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。

感想:
二時間43分!!!
大巨編でした、、。
偉大としか言いようのない前作も観ているので縮小再生産では困るなと思いましたが、そこはヴィルヌーヴ!
作家性がしっかりと出ていてグイグイ引き込まれました。
個人的にはヒロインの美人ぶりがツボでした(^o^)

【評価点・つけるとしたら】
☆3.5です。面白いんですけどちょっと長い、、。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2017年12月
« 10月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。