アルシオン通信
HOME > アルシオン通信TOP
2017年02月04日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

今日の伊豆は空が青く海が綺麗にみえていいお天気でした。
さて、本日は 大室山の山焼きのご紹介です。

まるで山火事のような映像ですが、これが700年以上の歴史を持つ、
伊豆の春を告げるイベント大室山の『山焼き』です。

L3218960004263336

山の保全と、良質なカヤを採取することを目的として
始まったといわれています。
現在では観光行事として行われ、また、先着順で有料で
山焼きの着火に参加することもできます。

今年は2月12日開催の予定です!
雨などが降ると延期になってしまうので
いいお天気になりますように!

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

2017年02月03日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「葛城事件」観ました。

監督:赤堀雅秋監督
出演:三浦友和、南果歩、新井浩文など

あらすじ:
劇団THE SHAMPOO HATの旗揚げメンバーで劇作家にして、『その夜の侍』で監督も務めた赤堀雅秋がメガホンを取ったヒューマンドラマ。
次男が無差別殺人を起こして死刑囚となってしまったことで運命が狂い出した、ある家族の行く末を見つめる。
『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』などの三浦友和、『さよなら歌舞伎町』などの南果歩をはじめ、新井浩文、若葉竜也らが出演。
家族、死刑、贖罪(しょくざい)などさまざまなテーマをはらんだ物語に圧倒される。

父親から受け継いだ小さな金物屋を懸命に切り盛りし、マイホームを手に入れ、妻の伸子(南果歩)と共に長男・保(新井浩文)と次男・稔(若葉竜也)を育て上げた葛城清(三浦友和)。
理想の家族と生活を築いたと考えていた彼だったが、21歳になった稔が8人を殺傷する無差別殺人事件を起こして死刑囚になってしまう。
自分の育て方に間違いがあったのかと清が自問自答する中、伸子は精神的に病んでしまい、保は勤めていた広告代理店を解雇される。
やがて、稔と獄中結婚したという女・星野が現れる。

感想:
とっても怖い映画でした。。。
テーマは重く、いろんな感想、賛否の分かれそうな内容ですが、三浦友和をはじめ、俳優陣の凄みを感じる力作でした。。。

【評価点・つけるとしたら】

☆3.5です。評価の分かれそうな本作ですが、僕的にはオススメです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年02月02日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「僕らのごはんは明日で待ってる」観ました♫

監督:市井昌秀監督
出演:中島裕翔、新木優子ほか

あらすじ:
性格の全く違うカップルが織り成す恋愛模様をつづる瀬尾まいこの小説を映画化。
ひょんなことから付き合うことになった男女が、食を通じて愛を育み、やがて家族になるまでの7年間を描く。
無口な主人公に『ピンクとグレー』などの中島裕翔、率直なヒロインを『風のたより』などの新木優子が演じるほか、片桐はいり、松原智恵子らが共演。
メガホンを取るのは、『あの女はやめとけ』『箱入り息子の恋』などの市井昌秀。

無口で他人に無関心な高校生・葉山亮太(中島裕翔)は、明るく率直な同級生の上村小春(新木優子)と体育祭の競技「米袋ジャンプ」でコンビを組む。
1位を獲得して亮太が喜んでいると、突然小春から告白され戸惑うものの、いつしか彼女に惹(ひ)かれていく。
二人は、ファストフードやファミレスで食事をしながら交際を続けるが・・・。

感想:
けっしてアイドルムービーにあらず。
僕にはある夫婦の始まりの物語のように感じました。
主演二人の演技もとっても瑞々しくて、
胸キュンだけでは語り尽くせないハートフルなお話でした♫

【評価点・つけるとしたら】

☆4つです!同じ監督の「箱入り息子の恋」もいい作品なので合わせてオススメです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年02月01日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「シング・ストリート 未来へのうた」観ました♫

監督:ジョン・カーニー監督

あらすじ:
『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマ。
1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描く。
主題歌を、カーニー監督作『はじまりのうた』に出演したマルーン5のアダム・レヴィーンが担当。
音楽がつなぐ出会いや少年たちの青春を、デュラン・デュラン、ザ・クラッシュ、ザ・ジャムなど当時のヒット曲が彩る。

985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。
ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。
慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

感想:

初恋の甘酸っぱさ、青臭い未来への希望、親子愛、兄弟愛、そして友情。大切なものがいっぱい詰まった、とっても愛おしい気持ちになる映画でした!

【評価点・つけるとしたら】

☆4.5です!超おすすめです(^o^)

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月31日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

「鬼灯さん家のアネキ」観ました♫

監督:今泉力哉監督
出演:前野朋哉、谷桃子

あらすじ:
サッドティー』などの今泉力哉監督がメガホンを取り、五十嵐藍の4コマ漫画を映画化したちょっぴりエッチなラブコメディー。
血縁関係がない姉と弟を中心に、個性的な登場人物たちが織り成す不思議な恋愛模様を映し出す。
映画監督でもあり『青天の霹靂』などで俳優としても活躍する前野朋哉がウブな主人公を演じ、その姉を『ナイン トゥ イレブン』などの谷桃子が熱演。
おかしくて切なくいとおしい物語が胸を締め付ける。

高校生の吾朗(前野朋哉)の母親が急逝したため、彼はその再婚相手の娘ハル(谷桃子)と一つ屋根の下で暮らすことに。
登山家の義理の父親(モト冬樹)が留守のため、吾朗は血のつながらない姉と2人で家に残される。
吾朗はキュートでセクシーなハルが仕掛ける少々エッチな悪ふざけに、日々悩まされながらもんもんとした日々を送っていた。

感想:
セクシーコメディかと思いきや、ハートフルなお話でした。主演の谷桃子さんの演技もしっかりしていて。意外な名作でした。ほっこりしました。

【評価点・つけるとしたら】

☆3.5です♫良作だと思います(^o^)

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月30日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

 【観た】「山河ノスタルジア」観ました。

監督:ジャ・ジャンクー監督

あらすじ:
長江哀歌(エレジー)』などで世界的に高い評価を受けている中国の名匠ジャ・ジャンクーが、変化していく中国社会を見つめた人間ドラマ。
時代に振り回され、離れていても不変の母と子の強い愛を、過去、現在、未来とおよそ26年にわたって描き出す。
ジャ監督作『四川のうた』『罪の手ざわり』にも出演したチャオ・タオを主演に、
『ブッダ・マウンテン ~希望と祈りの旅』などのシルヴィア・チャン、『最愛の子』などのチャン・イーらが共演。

1999年、山西省汾陽の小学校で教師を務めるタオ(チャオ・タオ)は、炭鉱作業員リャンと実業家のジンシェン(チャン・イー)から求愛されていた。
その後タオはジンシェンを結婚相手に選び、二人の間に男の子が生まれダオラーと名付けられる。
2014年、離婚して汾陽で一人暮らしのタオは離れて生活しているダオラーと久々に顔を合わせるが、ジンシェンと一緒にオーストラリアに移り住むことを知らされる。

感想:
急成長の中、どんどん様変わりしていく中国の有り様を垣間見ました。
また、どんなに社会が変わろうとも、母と子の愛は、見えない絆で強く結ばれていることを感じさせてくれました。
ちょっとテンポがゆるい感じもしましたが、、しみじみする名作でした。

【評価点・つけるとしたら】

☆3.0です。もうちょっとテンポよく観たかったです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月19日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「ウォール・フラワー」観ました。

監督:スティーヴン・チョボスキー監督
出演:エマ・ワトソン、ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー

あらすじ:
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、
『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。
原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで映し出す。
困難を乗り越え成長する少年の心象風景が観る者の心を強く揺さぶる。

1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。
だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。
チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが、、、、、。

感想:
自分と主人公の重なる部分が多く、しっかりしとかないと目汗がひどい、グサグサくる映画でした。

クラスメートと馴染めなかったり
気の合う仲間と出会えたり、
夢や初恋の甘酸っぱさ、気まずさやピリピリした感情の起伏。。。


自分の青春を思い出させてくれました。

音楽も、時代背景もドンピシャ!

青春映画ですが40代には特に響くと思います。

【評価点・つけるとしたら】

☆5つです!生涯何度も見返したい名作に出会えたと思いました。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月18日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「ムーンライズ・キングダム」観ました♫

監督:ウェス・アンダーソン監督
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートンなど

あらすじ:
『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』などで異彩を放つウェス・アンダーソン監督による異色コメディー。
1960年代のとある島を舞台に、ボーイスカウトに所属する一組の少年少女の逃避行と彼らを追う大人たちの姿を描く。
遊び心あふれる独特の映像センスがさえる物語は、第65回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選定され、高い評価を得た。
キャストにはブルース・ウィリス、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントンら豪華な顔ぶれがそろう。

1960年代ニューイングランド島。自分が養子だということを寂しいと感じながらボーイスカウト活動をしていたサム(ジャレッド・ギルマン)は、
常に本を読んでいる少女スージー(カラ・ヘイワード)に恋をする。
キャンプでの生活になじめない二人は文通を始め、キャンプから勝手に抜け出し森で自由気ままに過ごしていた。
一方、村では保安官(ブルース・ウィリス)やスージーの両親(ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド)らが、二人を捜す。

感想:
とってもキュートな映画でした!
シンメトリーな画面作りに徹底的に拘る、ウェス・アンダーソン節炸裂の本作。
1960年代のファッションも可愛いいし、音楽も良いです。
子どもたちの奮闘や、大人へのステップといったもの全てが愛おしく感じました。

【評価点・つけるとしたら】

☆3.5です(^o^)

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月12日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years」 観ました♫

監督:ロン・ハワード監督
出演:もちろんビートルズ!

あらすじ:
ザ・ビートルズのツアーを追ったドキュメンタリー。
キャリア初期のリバプール時代から、1963年に始まった15か国90都市をめぐるツアーの様子や、サンフランシスコのキャンドルスティック・パーク公演までを描く。
さらに、関係者へのインタビューや貴重な秘蔵映像も織り交ぜ、彼らの楽曲の変遷や人気の秘密を探っていく。
『ビューティフル・マインド』などのロン・ハワードが監督を務め、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、オノ・ヨーコらが全面的に協力している。

イギリスのミュージックシーンに登場したザ・ビートルズは、1963年にツアーをスタート。
そしてアメリカのテレビ番組「ジ・エド・サリヴァン・ショー」出演をきっかけに、世界的な知名度と人気を得て、1964年6月に初のワールドツアーを開始する。
ツアー活動を停止した1966年8月まで、15か国で166公演を行った彼らの全盛期を追う。

感想:

貴重な映像、音源の数々。。どうやて成立させたんだろう。。高校生の頃、一生懸命聞いてたなあ。

ビートルズファンはもとより、関心がない人も楽しめる内容だと思います。
グループの物語、ビートルズを取り巻くプロデュサーや記者、エンジニアの話も興味深く十分に楽しい。
インタビューも当時の記録に忠実であって、好感が持てます。

まさに熱狂。
今のどのミュージシャンにも例えようのない、現象だったのだなと感じました。
ビートルズ好きとあまり知らない人で、感想が違う映画でもあります。

【評価点・つけるとしたら】
☆4つです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2017年01月11日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】「サニー 永遠の仲間たち」観ました!

監督:カン・ヒョンチョル監督
出演:ユ・ホジョン、パク・チンジュなど

あらすじ:
デビュー作『過速スキャンダル』が韓国で大ヒットし、一躍有名になったカン・ヒョンチョル監督による感動の人間ドラマ。
かつて共に青春時代を謳歌(おうか)した女子高生仲良し7人組“サニー”のメンバーが、25年ぶりの再会を果たす様子を温かく描く。
『サイボーグでも大丈夫』のユ・ホジョンらベテラン勢と、本作がデビュー作となるパク・チンジュらが共演。
過去と現在を行き来しつつ紡がれる、笑いと涙と青春の甘酸っぱさが詰まった物語に心が躍る。

ナミ(ユ・ホジョン)は夫と高校生の娘に恵まれ、主婦として平凡だが幸福な毎日を送っていた。
そんなある日、彼女は母の入院先の病院で高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と思わぬ再会を果たす。
25年ぶりに再会した友人はガンに侵され、余命2か月と宣告されていた。
チュナの最後の願いはかつての仲間たちと会うことだった。

感想:
いやー、良かった!
言葉も無いです!!
大いに笑い、目から汗を出し、
絶妙すぎるラストシーンに思わず立ち上がりました。

とにかく、何もかもが懐かしく、何もかもが愛おしい映画でした。

最近はSNSのおかげもあって、「昔の仲間」に「出会うこと」も少なくないですが、
実際に「逢える」のは稀。

この歳にして積極性の重要さを思い出させてもくれました。

【評価点・つけるとしたら】

文句なしの☆5つです!ぜひ観てほしいです。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。