ご予約
アルシオン通信
観た カテゴリへの投稿
2018年06月27日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「パーティで女の子に話しかけるには」観ました。

解説・あらすじ:
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』などのジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、ニール・ゲイマンの短編小説を映画化したラブストーリー。
1977年のロンドン郊外を舞台に、内気なパンク少年と遠い惑星からやって来た少女の交流を描く。
美少女の異星人を『SUPER 8/スーパーエイト』などのエル・ファニング、彼女と恋に落ちる少年を第69回トニー賞で演劇主演男優賞を受賞したアレックス・シャープが演じるほか、
オスカー女優のニコール・キッドマンらが共演。

1977年のロンドン郊外。内気な少年エン(アレックス・シャープ)は偶然参加したパーティで美少女ザン(エル・ファニング)と出会い、
音楽やパンクファッションの話で盛り上がり、恋に落ちる。
しかし、遠い惑星に帰らなければならない彼女と過ごせる時間は48時間のみ。
大人たちが押し付けるルールに反発した彼らは、一緒にいるために逃避行するが、、。

感想:
そもそも論ですが、僕はエル・ファニングがどうやら好きらしく、出ているだけで場持ちしてしまうのです(^o^)
共演の男の子、その友人たちの描写もとってもキュート。
設定が宇宙人とパンクなので、かなり(良い意味で)いびつなボーイミーツガールの物語なんですが、
強引に見ればローマの休日っぽいところもあり?!、普遍的な愛の物語でもあったと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です!

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年06月09日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「散歩する侵略者」観ました。

解説・あらすじ:
『アカルイミライ』などの黒沢清監督が、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化。
数日間失踪したのちに様変わりした夫が妻のもとへ戻ったのを機に、平穏だった町が変化するさまを描く。
「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫を『舟を編む』などの松田龍平、
そんな夫に翻弄される妻を『世界の中心で、愛をさけぶ』などの長澤まさみ、
一家惨殺事件を調査するジャーナリストを『セカンドバージン』などの長谷川博己が演じる。

鳴海(長澤まさみ)の夫・真治(松田龍平)が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。
これまでの態度が一変した夫に疑念を抱く鳴海は、突然真治から「地球を侵略しに来た」と告白され戸惑う。
一方、町ではある一家の惨殺事件が起こったのを機に、さまざまな現象が発生し、不穏な空気が漂い始める。

感想:
【2018年47本目です】

侵略系SFは古典的なジャンルだなー、大丈夫かなーと不安だったんですが、
「宇宙人は人に乗り移り、また人の概念を奪いとり、地球人を理解していく。概念を抜き取られた人は、その部分を欠いて生きていく事になる。」
というプロットはなかなかに新しく感じました。
またその中で夫婦の再生とか、コミュニケーションの確立といった現代性も十分。
惜しむらくは宇宙人の侵略計画がズサンで、とても成立しそうもなく感じること。
もう少しやりようがあったようにも感じます。。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.6です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年06月08日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「しあわせな人生の選択」観ました。

解説・あらすじ:
スペインのセスク・ゲイが監督と脚本を担当し、自らの母親の闘病体験をベースに人生の最終章を迎える男の姿に迫る人間ドラマ。
死が刻々と近づく中別れの準備を整える男が、彼の大切な人々や愛犬と過ごす最後の4日間を映す。
『人生スイッチ』などのリカルド・ダリンと『トーク・トゥ・ハー』などのハビエル・カマラらが共演。第30回ゴヤ賞を席巻したドラマに酔う。

カナダ在住のトマス(ハビエル・カマラ)は、付き合いの長い友人フリアン(リカルド・ダリン)のいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から、
フリアンが肺がんで余命いくばくもないと知らされる。
トマスはスペインで暮らすフリアンを訪ねるが、彼はすでにがん治療をやめて静かに死を迎えようとしていた。
フリアンは、トマスの説教を警戒して何とか追い返そうとするが、、。

感想:
【2018年46本目です】

死をテーマにした映画は本当に山のようにあるのですが、自分でも家族でも恋人でもなく、友人であるということに新鮮さを感じました。
また、お決まりの闘病シーンや、息を引き取る看取りのシーンもなく、
その過程のほんの一瞬、4日間だけのの物語を、ユーモア、人情味たっぷりに切り取っている点に共感を覚えました。
最後にフリアンは大きなワガママをトマスに押し付けるんですが、そのやり取りが突き刺ささりました。
幸せの形は様々あるのだなと感じる作品でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月25日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「彼女がその名を知らない鳥たち」観ました。

解説・あらすじ:
「九月が永遠に続けば」「ユリゴコロ」などの沼田まほかるの人気小説を実写映画化。
同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある別の男性とも関係を持つ身勝手な女と、
彼女に執着するさえない中年男の関係を軸に、究極の愛とは何かを問い掛ける。

メガホンを取るのは、『凶悪』などの白石和彌。
クセの強い二人を、『アズミ・ハルコは行方不明』などの蒼井優と『殿、利息でござる!』などの阿部サダヲが演じる。

15歳年上の佐野陣治(阿部サダヲ)と共に生活している北原十和子(蒼井優)は、
下品で地位も金もない佐野をさげすみながらも、彼の稼ぎに依存し自堕落に過ごしていた。

ある日、彼女は8年前に別れ、いまだに思いを断ち切れない黒崎に似た妻子持ちの男と出会い、彼との情事に溺れていく。
そんな折、北原は刑事から黒崎の失踪を知らされ、佐野がその件に関係しているのではないかと不安を抱く。

感想:
愛情の欠如と、性欲と、暴力がテーマの本作ですが
良い意味で、感情移入しにくい、ざらついた印象の映画でした。
まず、登場人物が全員クズ^^;特に松坂桃李のエロクズ加減!
よくこの役受けたなと、その役者魂に感動しました。

一方、蒼井優は思い切るならこの作品だったんじゃないかと思いました。
台詞回しもどこかおぞましく、全員常軌を逸している様に感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.9です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月24日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ザ・ダンサー」観ました。

解説・あらすじ:
19世紀から20世紀にかけて活躍したダンサーのロイ・フラーの人生に迫る伝記ドラマ。
シルクの布や照明を独創的に使ったダンスで、新たな可能性を世に示した彼女の生きざまを描く。
メガホンを取るのはステファニー・ディ・ジュースト。
ロイをミュージシャンのソコ、ロイが見いだしたダンサー、イサドラ・ダンカンをジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップが演じる。

19世紀末のパリ。
アメリカからやって来た無名の女性ダンサー、ロイ・フラー(ソコ)の踊りに人々は熱狂する。
シルクの布をはためかせながら舞う幻想的なパフォーマンスは、ロートレックやロダンら芸術家たちの心もつかんだ。
女性によるダンスが社会的な地位を得ていない時代、ロイは照明や鏡を演出に取り入れる。

感想:
【2018年44本目です】
モダンダンスの祖、伝説の女性ダンサー、ロイ・フラーの半生を描いた実話ベースの作品です。
映像はエネルギッシュで、スタイリッシュ。
キャスティングも素晴らしかったと思います。ロイ役のソーコもダンカン役のリリー・ローズ・デップ(ジョニー・デップの娘さん)もはまり役でした。
一方、舞台シーンの美しさと並行して語られるアーティストの苦悩の物語は少し薄味。。
もう少しロイの根っこの部分(少女時代箱役として活躍していた、等)を深掘りしても良かったのでは?と感じました。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.4です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月23日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「あなた、そこにいてくれますか」観ました。

解説・あらすじ:
フランスの作家ギヨーム・ミュッソの小説を映画化したラブストーリー。
2015年から1985年に飛んだ主人公が、今は亡き最愛の人を前に究極の選択を迫られる様子を描写する。
『海にかかる霧』などのキム・ユンソクとドラマ「元カノクラブ」などのピョン・ヨハンが2人1役で主人公を熱演。
『結婚前夜 ~マリッジブルー~』などのホン・ジヨンが監督を務める。

医師のハン・スヒョン(キム・ユンソク)は医療ボランティアとしてカンボジアに行った際に、乳児の手術の感謝の気持ちだと、願いがかなうという10錠の薬をもらう。
彼の願いは30年前にこの世を去った当時の恋人ヨナ(チェ・ソジン)と再会することだった。
まさかと思いながら薬を飲んだ彼は、1985年にタイムスリップし、若き日の自分(ピョン・ヨハン)に遭遇する。

感想:
【2018年43本目です】
主人公の親友、テホ、その存在なくしてこのお話は成立しないと感じる、ジュブナイル的要素も満載の作品だったと思います。
タイムリープもわかりやすかったし、回数制限、最後の1錠の残し方と良いシナリオだったと感じました。
ラストシーンはただただ素敵。。。
素晴らしい映画でした。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月22日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」観ました。

解説・あらすじ:
ホームレスのストリートミュージシャンと、野良猫の運命の出会いを描いたノンフィクション「ボブという名のストリート・キャット」を実写映画化。
どん底の生活を送っていた主人公が、1匹の猫との出会って人生をやり直す姿を映す。
『ウェイストランド』などのルーク・トレッダウェイ、テレビシリーズ「ダウントン・アビー」などのジョアンヌ・フロガット、
テレビシリーズ「ストレイン」などのルタ・ゲドミンタスが出演。

また、本物の「ボブ」がほとんどのシーンでボブ自身を演じている。

ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)はギターを手に、ストリートミュージシャンとして日銭を稼いでいた。
ドラッグ更生プログラムの最中のある日、彼はヘロインを摂取して病院に搬送される。
退院後、彼が更生担当者ヴァル(ジョアンヌ・フロガット)が用意してくれた部屋に入居すると、どこからか茶トラの猫(ボブ)が迷い込む。
ジェームズは、猫の飼い主を捜そうとしたが、見付けることができなかった。

感想:
【2018年42本めです】
猫好きな僕としては観ずにはおけない映画でした。
ボブの可愛さと、主人公の温かみにほっこり。
またドラッグを克服しようとする彼への周囲の人々の惜しみない協力にまた心温まりました。
大きな見せ場のある映画じゃないし、ストーリもありきたりと行ったらそれまでですが、
十分鑑賞に値する映画だったと思います。にゃー!

【評価点・つけるとしたら】
☆4.1です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月21日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ヒミズ」観ました**伊豆・伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンオーナーのBLOG

解説・あらすじ:
『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を映画化した衝撃作。
ごく平凡な15歳の少年と少女の運命が、ある事件をきっかけに激変する過程を園監督ならではの手法で描き出す。
主人公に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太、ヒロインに『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』の二階堂ふみら若手実力派を起用。
自身も原作のファンだという園監督が創造する新たなる人間の心の闇から目が離せない。

どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。
一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら人生を歩んでいくことだった。しかしある日、2人の人生を狂わせる大事件が起きる。

感想:
【2018年41本目です】
さてさて、古谷実の原作は当然既読です。
染谷将太、二階堂ふみという若手の「怪物」を迎えた本作ですが、
まあ、よくぞここまで暴れたなーと感心しきりです。
ただ、震災を絡める必要があったのか、ラストシーンはあれでよかったのか、
評価の分かれるところだと思います。

【評価点・つけるとしたら】
☆3.8です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月20日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~ 」観ました。

解説・あらすじ:
自動車内を舞台にした密室コメディー。車でバカンスに出掛けたものの、ブレーキが制御できなくなりハイウェイを猛スピードで暴走する羽目になった家族の姿を追う。
『ヒャッハー!』シリーズなどのニコラ・ブナムが監督を務める。
『ル・ブレ』などのジョゼ・ガルシア、『恋するシャンソン』などのアンドレ・デュソリエらが出演。
笑いとスリルが休む間もなく押し寄せる。

整形外科医のトムは夏休みを迎え、家族でバカンスに出掛ける。
最新テクノロジーが搭載されているという真紅の新車に、妊娠中の妻ジュリア、9歳の娘リゾン、やんちゃな7歳の息子ノエを乗せて出発する。
意気揚々とハイウェイを進むトムだったが、突如として車のブレーキが利かなくなって時速160キロメートルで暴走。
さらに、役立たずな警官や追走してくる男との遭遇、後部座席に潜む謎の存在によって一家は大混乱に陥っていく。

感想:
【2018年40本目です】
主演の人がロバート・ダウニーjrにとても良く似ている!
とにかくぶっ飛んだ映画で、最初から最後まで騒がしい!
スリル満点の映画でした(^o^)

【評価点・つけるとしたら】

☆3.6です。AI黎明期の今を映す社会派の面もあると思いました。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た
2018年05月19日

こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。

kazu_R

【観た】映画「キングスマン ゴールデン・サークル」観ました。

解説・あらすじ:
コリン・ファースが粋なスパイを演じてヒットした『キングスマン』の続編。
スパイ組織「キングスマン」の本拠地が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに渡るスパイの奮闘を描く。
マシュー・ヴォーン監督、タロン・エガートンやマーク・ストロングらが続投し、新たにハル・ベリーやチャニング・テイタムらが参加。

謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。
残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけだった。
二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡る。

感想:
【2018年39本目です】
破天荒!
ロンドン市内を疾走するカーチェイス、雪山でのスペクタクルなアクションシーン、
相変わらずおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさが満載です(^o^)
前作の階級間の衝突は、二作目にして文化間の衝突の物語へと拡大、発展を遂げています。
エルトン・ジョンが思った以上にたくさん出ているのもとても贅沢。
2時間20分の上映時間も長く感じませんでした。

【評価点・つけるとしたら】
☆4.0です。

ちなみに
☆1 ・・・金返せ
☆2 ・・・DVDで十分
☆3 ・・・劇場で観る価値有り
☆4・・・・是非オススメ!
☆5・・・・生涯の名作!です 

もちろん「オススメ☆」です♪

↓お読みいただきありがとうございました。宜しければぜひぜひコメント・クリックをお願い致します↓

by alcyon | Comments(0)映画観た

アルシオンのオフィシャルブログです

kazu_R
こんにちは、伊豆高原の小さなオーベルジュ アルシオンのかずです。
伊豆の四季やイベント、グルメ情報などを中心に、時々は好きな映画や本などのこともUPしていきます。
メールはこちらまで・・info@alcyon-izu.com
連絡先はこちらまで:0557-51-5600

最近の投稿

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

交通案内 Access
詳しい地図はコチラ
交通ぬけ道マップはコチラ

空室検索 Search
条件から選ぶ
宿泊日 
部屋名 
プラン一覧から選ぶ
ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問い合せはTEL:0557-51-5600まで

【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 【楽天スタッフ認定】楽天スタッフが勝手に表彰! 『すごい宿2010』 に選ばれました。
全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿]』 全国から厳選! 食事評価4つ星以上 『お客様が選んだ おいしい宿』 に選ばれました。
楽天トラベル2011年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2011年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベルスタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 楽天トラベル スタッフが勝手に表彰! 『オンリーワンのすごい宿』 に選ばれました。
楽天トラベルお客様の選ぶ『4星以上の人気宿2012』 楽天トラベル2012年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。
楽天トラベル2013年度決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』楽天トラベル2013年決定版 『お客様が選んだ!4つ星以上の人気宿&ホテル』 に選ばれました。